MENU

子供の腹痛も原因はさまざま!

スポンサーリンク

腹痛というのは、様々な原因によって起こります。
そのため、一概に腹痛と言っても原因がわからないことが多くあります。
そして、症状によって軽いものから重度のものと非常に様々です。
また腹痛と言うのは誰もが経験をしたことがあるような症状でもあります。
一番短な腹痛だと何を思い浮かべますか?
それは人それぞれで回答は変わってくるとは思いますが、例えばお腹が減った時に起こる腹痛があるかと思います。
また、寒さや冷たい物を飲んだり食べたりしたことで腹痛がおこることもあります。
食べ過ぎでもおこることがあります。
これらの腹痛ですと、一般的に起こりますし、さほど心配はないかと思います。
腹痛は誰もがお越して、年齢関係なく症状が起こるのですが、一番腹痛が起こって心配になるのは「子供」ではないでしょうか?

スポンサーリンク

子供の腹痛ですと、大人であればさほど心配ないものであっても症状が重度化する可能性があります。
また子供の場合、年齢によってはあまり腹痛の症状や痛みをうまく言葉で表現できないと言うことがあります。
そのため、親としては自分の子供が腹痛で苦しんでいる姿と言うのはとても辛く映るかとおもいます。
どの親であっても子供の苦しむ姿というのは見たいとは思わないと思います。
子供で多く起こる腹痛と言えば「急性胃腸炎」ではないかと思います。
これは冬場に多く起こる感染症です。
そのため、「お腹の風邪」と言われており、風邪の流行と共に急性胃腸炎も広がっていきます。
この急性胃腸炎というのは、腹痛の中でも非常に辛い症状を越します。
腹痛の他にも「吐き気、嘔吐、下痢、発熱」というような症状が起こり1日に何ども土入れに行くと言うことなります。
また食事をすることが困難な病気でもあり、食べてもまた嘔吐してしまうということがあります。
食べれないということは、栄養が取れずに衰弱してしまうということと、脱水症状を起こすことにつながります。
大人でも、重度化する事がある病気なのですが、子供の場合ですと、あまりに症状がひどい場合には命に関わることがあるような病気です。
またアレルギーが原因で腹痛を起こすことがあります。
この場合には蕁麻疹の症状も出るのですが、場合によっては蕁麻疹が発生しない場合もあります。
他にも、子供とはいえ、精神的な部分で腹痛を起こす子供います。
このように挙げただけでも腹痛の原因というのは様々あります。

これらを子供が説明をするというのは非常に困難だと思います。
そのため腹痛に関しての知識を学び子供の病気にしっかり理解を示せるようにしましょう。

スポンサーリンク

子供の腹痛について記事一覧

腹痛というの誰もが経験することです。大人になるまで、皆さんもいく度となく経験をされていることだと思います。また特に幼少期というのは腹痛を起こすことが特に多いといえます。今回は、腹痛により、蕁麻疹と下痢、または腹痛を併発した場合に考えられる原因について説明をしたいと思います。この症状というのは、特徴的なので比較的に原因について考えるメッセージが多いと思います。蕁麻疹が起こる原因というのは、一部の原因...

子供の腹痛の原因というのはいろいろとあり、なかなか実際の原因というものは分からないものです。特に、学校などでトラブルがある場合は、原因として食事のせいかなと思ったとしても、それは本人の気持ちの問題ということも往々にあるのです。そうしたことを見分けるのはなかなか難しいのですが、一つの大きなポイントが朝食の食べ具合です。普通に朝起きて、朝食も普通に食べていたら、食事の問題ということには普通はならないの...

子供の腹痛の原因は様々なものがあります。例えば、冷たいもの食べすぎや病気からのもの、薬の副作用など様々なことからお子様の状態がおかしくなります。また、下痢をおこりたりする症状も出てお子様にはかなり苦しいといえる状態になるのです。そんな場合、まずお腹を温めるという基本的なことから行います。またトイレで便を出すと緩和する場合もあるので、これらの行動を取る方が多くいます。それでもダメな場合は、病院へ行く...

腹痛を訴えて小児科を受診する子供は多くいます。しかし、子供の年齢によって痛みの訴え方が違います。例えば、話せない乳幼児の場合は家族が医師にどのような状態なのかを詳しく説明しなければいけません。また、2歳以上で話せるようになった場合でも耳の痛みなどをお腹が痛いと言う場合があります。そして、他に異常がないかも医師に診察してもらうことが大切です。この際、持病や飲んでいる薬などを伝える必要があります。しか...

幼児の腹痛の主な原因には、便秘・急性胃腸炎・風邪によるものが一般的ですが、中には心因性腹痛とよばれる種類の症状に陥るケースも少なくなく、この場合、ストレスが大きく関与しています。幼児にとって長期間繰り返してお腹の痛みを訴える場合、慢性反復性腹痛とよばれる病気として診断されるのですが、安静にしていたり排便することによって痛みが数時間で緩和されるのが特徴であり、この痛みも保育園へ登園する前などに多く見...

子供がお腹が痛いと訴えた場合、どの程度の痛みなのかを判断する必要があります。我慢できないほど痛みが強い場合は緊急で医療機関を受診します。我慢できる程度であるならば、熱があるか、せきや鼻水などはでているか、便の状態はどうか、呼吸の状態など、全身の状態をチェックし、よく観察する必要があります。だんだんと痛みが強くなっていくことも考えられますので、痛みが強くなり、緊急性があると判断した場合も速やかに医療...

腹痛というのは、だれもが経験するものですが、幼児が腹痛になるとそれは、心配事の種になることが多いと思います。また、この腹痛だけであればいいのですが、それ以外にも、症状があった場合にはなにかしらの病気に感染したと考えて心配も不安も大きくなっていくのではないのでしょうか?では今回は「幼児の下痢が続く」事について説明をしていきたいと思います。この場合には、一番多いのが、急性胃腸炎ではないかと思います!こ...