MENU

女性に腹痛にも様々な特徴があります。

スポンサーリンク

腹痛というのは、だれにも起こる症状ですが、女性になると色々と男性と異なる症状が表れます。
そのため、腹痛の知識もいろいろと学んでいく必要があります。
また女性の場合ですと、卵管を通して、腹腔内が外とつながっていると言う事があります。
そのため、卵管から、細菌が腹腔内に入り込むことがあります。
男女関係なく言えることでもあるのですが、腹痛の原因を探るためには、腹痛が発生している一番のポイントである場所を探ることが必要です。
その場所が、お腹の中心なのか、右側なのか、左側なのか、それとも上部、下腹部であるのかこれによって病気がことなるので、対処方法も異なっており、また病気の予測段階でも異なってきます。
例えばですが、「胃潰瘍、急性虫垂炎、虚血性大腸炎」といった場合には、場所が異なり、また早期の場合ですと、腹痛自体もさほどではありません。

スポンサーリンク

一般的には病気の話はひとまず置いときまして、女性特有の病気と言えば、卵巣や卵管そして子宮に関する病気になるかと思います。
これらの病気というのは、産婦人科であったり、外科であったり、内科であったりと病気によって科が異なってくることがあります。
とはいっても、科が違うと言われても、患者からすると、腹痛なのだから1つの科で対応して欲しいという気持ちがあるかと思います。
しかしながら、この病気によっては、何箇所も科を移動しての検査を行う事になることもあります。
これが緊急性を要した場合には、大変時間をロスすることにもつながりかねません。
そのため、腹痛に関しての知識というのはある程度理解をしていただきたいという事があります。
基本的には女性特有の原因の場合には、産婦人科を最初に受信する方になることが多いです。
これは専門分野という部分があるためです。
そして、その次が外科になるかと思います。
外科というのは基本的に命に関わるようなケースの場合が多いです。
しかしながら、この原因が女性特有でなければ、また内科を受ける必要が出てくると言うことがあります。
女性の腹痛というのは、腹痛の場所の他にも、吐き気や出血を伴うことがあります。
これのよって判断がある程度は普通の腹痛による症状なのかそれとも異なるのかがわかりますので、全てにおける腹痛の症状を覚えるというのは、実際、医師の仕事で合るので一般的な方ですとあまり関係はないのですが、女性の特有の病気に関してはある程度の特徴を学べば迷わずに医療機関での診断に移れると思いますので、サイトを通じて正しい知識を付けるようにしてください。

スポンサーリンク

女性に関わる腹痛について記事一覧

生理痛や生理の際の腹痛は、特定の場所を刺激することで改善することがあります。体にはこういった症状を和らげるツボが点在しており、痛みがあるときには軽く刺激を加えてみるのも一つの方法なのです。ツボへの刺激は東洋医学では婦人病の改善に広く行われている施術です。この場合に多く用いられるツボとしては脛の内側部分が挙げられます。くるぶしの上方にあるこの部分は、生理痛を始めとする婦人科疾患の治療では頻繁に用いら...

生理前には腹痛や胃腸障害などの症状が起こることがあります。こういった症状は生理の約1週間位前から始まることが多く、生理が始まると徐々におさまっていくことが多いです。女性の場合このような症状があると、そろそろ生理が始まることが分かります。このような不快症状は比較的軽いこともあり、そのまま我慢してしまうケースも多いと言えます。生理前にはホルモンのバランスが大きく変化することから、こういった腹痛を始めと...

不正出血は女性の場合にはよくある症状です。背後には時に大きな病気が隠れていることもあり、このような不正出血が現れた場合には専門医の診察を受けておく必要があります。また、こういった出血と共に腹痛や吐き気がある場合には、子宮周辺にトラブルが起きている可能性があるため、婦人科を受診することがベストな方法です。不正出血や腹痛、吐き気を伴う病気の一つとして考えられるのが、子宮頸管や内膜、骨盤といった部位の炎...

妊娠した女性の体内では、ホルモンバランスの急激な変化が起こります。一言で言うと、妊娠状態を維持しやすいホルモンバランスに変わるのです。そのため、妊娠初期には体のあちこちに妊娠前とは違った症状が現れます。単に体調が変化するだけではなく、それが腹痛や腰痛、頭痛、悪阻などいった不快感を伴う症状として出現することが多いため、マタニティーブルーになってしまう人もいます。しかし、妊娠した事実を妊婦自身に伝え、...

生理痛は、一般的に下腹部痛や腰痛といった症状で認識されます。子宮内膜が剥がれ落ちる時の痛みが、こういった生理痛の正体です。従って、何らかの理由で子宮が収縮したりすると、一層痛みはひどくなります。この痛みは、特定の痛み物質が関わっていることが分かっています。そのため、この物質の分泌を出来るだけ抑えることが、一つの生理痛の治し方となる訳です。痛み物質の作用によって、腹痛のみならず時に頭痛などの症状も現...

妊娠時というのは、精神的にも不安定になりやすい事が非常に多いです。そのため、ちょっとしたことでも、だいじょうぶなのかな?という不安に駆られることが多いかと思います。そして、その症状がひどければひどいほど、ますます不安も増していくことかと思います。今回はそんな妊婦さんの不安の一つ「臨月時の腹痛、吐き気の症状」について説明をしていきたいと思います。臨月に入ることで、体はどんどんと出産の準備に備えていき...

妊娠も中期に差し掛かり、つわりといった症状も落ち着いてくる頃合だと思います。中にはやっと落ち着いてと感じている方も多いかと思います。つわりも落ち着き気持ち的にも余裕が出てくることから、これから子供が生まれ来るというイメージも出来始め、気分的にも嬉しく思うということがあるかと思います。しかしながら、なぜか、下腹部に痛みを感じるという妊婦さんが多くいらっしゃいます。今回はこの妊娠後期の腹部の痛みについ...

腹痛にも様々な種類があり、食事・運動・ストレス・緊張などが原因である場合や、病気から腹痛を引き起こす場合も挙げられます。しかし、女性の腹痛の原因として挙げられているのがガス溜まりによる痛みで、お腹に溜まる原因とされるのが、パンツなどの締め付け感のある衣服でお腹を圧迫していることや、オナラを我慢することで次第にガスが出にくい状態を作り出してしまいます。また最大の原因と言われるのが腸のぜん動運動にあり...

排卵日には、人によって腹痛や下痢の症状が現れることがあります。こういった症状は、排卵のプロセスによって生じてくる訳です。卵巣で育った卵胞から卵子が排出されると、卵胞の壁が破られることによって痛みや出血を認めることがあります。排卵日にはこういった変化が体内で起こっているため、腹痛や下痢などの症状が現れてくることがあるのです。排卵日に生じる腹痛は、生理痛に比べて重いこともあります。腰の周りにだるさを感...

妊娠すると、女性の体内では胎児がどんどん成長していきます。胎児が成長するにつれて、お腹の内部、特に大腸は圧迫されるようになります。大腸は、食べ物の老廃物から便を作り、それを直腸まで押し出す役割を担っています。しかし胎児の成長によって圧迫されると、大腸はこういった働きをスムーズにおこなうことができなくなります。すると老廃物や便が大腸内に滞ることになりますし、その結果便が出にくくなり、便秘となります。...

女性にとって、最大のイベントの1つと言えば妊娠ではないかと思います。自分の子供を待ち遠しく、まだかまだかと期待に胸を膨らませている妊婦の方も多くいらっしゃることでしょう。この妊娠時というのは、色々な心配があるかと思いますが、その中で多いのが、体調、健康についてではないかと思います。妊娠時というのは、子供にも影響が出ることもあるため、親として非常に心配事になることが大きいと思います。今回は、この「妊...