MENU

食あたりによる腹痛はつらい症状なんです!

スポンサーリンク

腹痛とは、生活の中で頻繁におこることが多く、様々な要因や原因がありますよね!
例えば、食べ物によって起こされるものと言うものがありますよね!
それも沢山あるかと思います。
たとえば「食べ過ぎ、お腹がすく、胃もたれ」これらは特に、よくある事で激痛ではないものの、些細な事なので意識はあまりなくとも経験をされてているのではないでしょうか?
他にも、食べ物が当たると言うことで食中毒があります。
そのほかにも、ウイルスや細菌に感染することで発生する腹痛もあります。
「インフルエンザ」「風邪」「急性胃腸炎」などは特に代表的な腹痛を起こす病気ではないでしょうか?
そのほかにも、疾患などもあり、「癌」が原因のことや、便意による物など実に多種多様にわたるものではないでしょうか?
これらの沢山ある腹痛で、急激に痛みを伴う腹痛を起こすものがあります。

スポンサーリンク

それが「急性胃腸炎や食あたり」となります。
意外と経験された事があるかたも多いかもしれませんが、特に食あたりには、気を付けてもらいたいと思います。
食あたりとは別名、「食中毒」と呼ばれるものです。
むしろ、食あたりよりも食中毒と言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。
ではこの食中毒ですが、食べ物を摂取する、特に人間に多く起こるものです。
例として多いのが、夏場に、食べ物を暑い場所に長期放置したことで食べ物の状態が悪くなります。この場合には腐るという表現の方がいいかもしれません。
そうすると、食べ物に付着している細菌が一斉に増殖していきます。
この細菌まみれの食べ物を接種することで、食中毒を引き起こします。
また、例は夏場ですが、食中毒の原因となる物が食べ物に付着していた場合には、食べ物が腐る事は関係なく感染のリスクがあります。
また夏場のイメージが強い食中毒は1年を通して起こるものでもあるんです。
そのため、飲食店はもとより、お料理を作る際にも食中毒には気をつけなければいけません。
また、食中毒と言えば、キノコやふぐという毒をもつものもあります。
これらの場合には成分自体に毒が含まれているので細菌やウイルスは関係なく食べ物自体もしくは毒となる部分に気をつけなければいけません。
特に多いものが「カキ」ではないでしょうか?
カキで食あたりになるという方は非常に多く、症状として発熱を始め、嘔吐、下痢と言った症状に苦しめられる方が多くいます。
また、食べ物や毒に成分や細菌の種類によっては、「痙攣や麻痺、しびれ」の症状を引き起こすこともあります。

この場合には、自然治癒が難しいという症例もあり、命を落とす事もある位です。
このように、生活の中で身近な食あたりに対ししっかりとした知識をつけましょう。

スポンサーリンク

「食あたり」が引き起こす腹痛とは?記事一覧

食あたりである、食中毒と言うのは、とても苦しい症状であり、場合によっては命に関わる事があります。この食毒で心配事の一つと言うのが「他人にうつるのか?」という心配事です。ご家族のうち1人が感染した場合に、特に免疫力の弱いお子さんがいらしゃる家庭の場合には、特に心配になることではないでしょうか?また感染者自体も自分の家族や子供など、大切な人に自分の苦しいと感じている症状に感染してほしくないという気持ち...

食中毒というのは、実に多くの原因によって引き起こされるものです。そしてその原因によっても、発症にかんしては様々な特徴があります。今回は、「食あたりの発症時間」について触れて行きたいと思います。まずは、一番メジャーなものとして上げる物ですが、「大腸菌」と呼ばれるものです。大腸菌といってもあまりなじみがないかと思いますが、「O-157」というものもあり、こちらは大腸菌の種類の1つになります。「Oー〇〇...

食あたりというのは、たいてい発生する症状というのは決まっています。それは「腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、発熱」これらがたいていの症状になります。またこれらすべての症状が起こる場合もあれば、複数が組み合わさって症状を引き起こすこともあります。そして、単独のみの症状を引き起こすこともあります。今回はその中でも「嘔吐のみ」の原因について説明をしたいと思います。原因についてですが、まず「ウイルス性急性胃腸炎」...