MENU

腹痛には手のツボ押しも時に効果的です

スポンサーリンク

手は体のあらゆる臓器のツボが集中している部分です。
胃や腸などの消化器官と密接に関わっているツボも多く、腹痛や便秘の症状改善にも効果が期待出来ます。
手は自分でも簡単にマッサージができる部分であるため、思いついた時にすぐ処置ができるというメリットがあるのです。
腹痛の原因は実際様々です。
消化不良による下痢や便秘、生理に伴う痛みなどが例えば代表的な腹痛として挙げられます。
こういった様々な腹痛を改善するために、それぞれ効果的なツボが現在では紹介されるようになっているのです。
腹痛は急に起こることも少なくなく、対処に困ることも多々あります。
こういったツボをいくつか覚えておけば、出先でも手軽に対策が試みられる訳です。
効果的に特定のポイントを刺激するためには、事前に痛みの生じている原因を押さえておくことが必要になります。
原因に沿った適切なアプローチ法をとることで、痛みの症状が軽くなる可能性が一層高まるのです。

スポンサーリンク

お腹の痛みを抑えるツボとして名高いのが、手の甲部分中央です。
中指と薬指の付け根に当たるこのポイントを刺激すると、下痢などの症状改善に効果があるとされています。
こういったポイントであれば、どこでも簡単にマッサージを行うことが出来るのです。
また、親指と人差し指の付け根にある窪みもお腹の調子を整えるポイントとして知られています。
ここは押して鈍い痛みを感じる部分であるため、素人でも場所が特定しやすいのです。
人差し指の親指側に位置し丁度爪の脇にあるポイントも、胃腸の働きとは密接に関わっている部分と言えます。
このように、具体的な反射場所は手のあちこちに点在しています。
ですので、刺激を行う際には、各反射場所の確認などをしておくことが必要になる訳です。
胃腸の働きは、一朝一夕には改善されないものであるため、反射ポイントの刺激は定期的に行うことが有効なアプローチとなります。
気がついた時に実施することで、トラブルの起こりにくい状態に改善出来る可能性があるのです。

スポンサーリンク