MENU

急な腹痛の抑え方とは?

スポンサーリンク

腹痛というのは、いつ起こるのかわからない部分がありますよね。
朝はなんの問題もなかったのに、仕事や学校にいってしばらく過ごしていると急に腹痛が起こってしまうと言う事があります。
皆さんのなかにも経験をされている方がいらっしゃるかと思います。
そんな急な腹痛を抑える方法について少し触れてみたいと思います。
とはいっても、腹痛の原因によって多少は異なる部分があります。
また、症状が改善しないと言うこともありえますので、その当たりはご理解いただきたいと思います。
腹痛の原因は様々ではありますが、たいていの場合にはほとんどが、便意につながるものが多いのではないでしょうか?
この場合にはほとんどと言うのは、知らず知らずにお腹が冷えているという場合がほとんどです。
この場合にはどのような対処法がいいかと言うと、便意の元を改善する!要はトイレに行くということですが、これが一番です。
しかし、これでも症状が改善しないということもありますし、近くにトイレがなかったり、トイレにいけない状態と言うのもありえますので、この場合にはどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

対処法としてはいくつかあるのですが、まずは「お腹全体を円を描いて40回位ぐるぐるとこする」これは子供のころから経験された方も多いかと思いますが、非常に効果があります。しかし、暫くするとまた腹痛がおこることもあります。
この方法とうのは、便意以外の腹痛にも効果があります。
例えば「ストレス」によって痛みが起こったときには非常に効果があります。
続いてが、「お腹をあっためる」これは根本の原因を解決するという方法です。
方法としてはあったかい飲み物をお腹の上におくという方法です。
そのほかに、「腹の中にタオルなど1枚入れる」非常に効果が高いです。
たかだかタオル1枚かと思うかもしれませんが、その効果というのは非常に素晴らしいものです。
次は「楽な体勢を取る」こちらは他にも、腹圧を下げるということで例えば、ベルトを緩めるという方法もあります。
また横になれるのであれば、横になるという方法もあります。
これは腹痛の中でも妊婦の方にも効果があります。
これらを参考にしていざ腹痛が起こったときには是非試してみてください!!

スポンサーリンク