MENU

おならが原因の腹痛!おならを出す方法について

スポンサーリンク

お腹の痛みはいろいろなことで起こりますよね。
それが、体の異常なのか、それとも便意?ともかくいろいろな原因があるのですが、
「おならの痛み」って皆さん経験したことはありませんか?
特に便意は感じていない状態ではあるのですが、お腹が張ったようなパンパンな状態のため、動くと腹痛を起こすという状態なのですが、これは案外経験されたことがあるのではないでしょうか?
しかも、ガスを出したくても、いまいち出なくてちょっとだけでてもお腹が痛いという状態が続いてしまう。
今回は「お腹に溜まったガスの出し方」について説明をしていきたいと思います。
ガスがお腹に溜まった原因というのは、腸の動きが悪いというのが原因です。
特に、一日座りっぱなしの状態の人に多く見られる症状になります。
これを解決するにはどうすればいいのか?
これは腸の動きを良くすれば解決をするんです!この腸の働きを「ぜん動運動」というのですが、これを促すという方法を行うことで解決することがあります。

スポンサーリンク

まずは場所が限定になりますが、「寝たままスキップ運動」です!!
これは仰向け寝た状態で、片足ずつ、膝を曲げて膝をお腹の当たりまで持ってくる行動を繰り返します。
簡単に言うと、スキップのような状態を寝た状態でゆっくり行うということです。
大体5分から10分で効果が現れます。
寝転がって足を引きつける。
続いては、起きた状態でも出来るもので「スクワット」です!
これであれば、上記に比べて出来る場所が増えるのではないでしょうか?
トイレの個室でも出来るので、人に見られずできるものです。
これは、普通のスクワットと少しだけ異なりますが、足は肩幅程度に広げます。
そして、手を頭ではなく、わき腹に置くということが大切になります。
そして、ゆっくりと、腰を落とし、体を前にやらないようにして、座った状態になるようにスクワットを行います。
大体20回も行えば、腸の動きも改善されてきます。
簡単な方法で、胃腸の動きが改善されます。
おならが溜まるというのは、口臭の原因になることがあり、そのほかに、美容や体自体にも良い影響を与えないので、出来る限りガスを出すようにしてください

スポンサーリンク