MENU

ストレスによる腹痛の治し方とは?

スポンサーリンク

腹痛と言えば、原因はいっぱいありますよね?
その原因のひとつに「ストレス」が原因になっているものがあります。
ストレスというのは非常に厄介なものです。
それは精神面であれば、うつ病の症状をお越したり、ヒステリックな性格になってしまったりと言うことがありますが、肉体面にも多くの影響をお越します。
それは、頭痛や、めまい、吐き気を起こすものがあれば、腹痛を起こすものもあります。
今回は「ストレスによる腹痛の治し方」について説明をしていこうとおもいます。
ストレスを感じる場面というのは生活をしている上でいろいろとあります。
それが、自分にとって、軽いストレスなのか、重いストレスなのかは個人差がありますが、このストレスも蓄積をしていくうちに体をどんどんと蝕んでいきます。

スポンサーリンク

そして、何かのひょうしに急な腹痛を訴えると言うことがあります。
これを「ストレス性胃腸炎」と言うのですが、これは急性で一時的なものと、慢性化するものと2つの種類になります。
まずは慢性化した場合ですが、この場合には、ストレスの原因を取り払うことが1番になります。
とはいっても、それが会社や家族という枠組みの中ですとなかなか取り払うと言うことは難しいです。
この場合には、ストレスを発散させると言う方法になってしまいます。
また胃腸の薬で胃液の量を減らしてくるものがあります。
これによって腹痛を改善することが出来ます。
しかし、これも慢性化すると徐々に効果が薄れるということがあるので、初期の段階で薬に頼らない方法を模索しておいたほうが無難だと思います。
おすすめは運動です!運動を取り入れると精神面でプラスになることが多く、あまり相手の事を気にしなくなったり、マイナスな考えをしなくなるので、出来ることなら運動を取り入れてもらいたいです。
また熱中できる趣味というのもいいです!これによってストレスの原因から自分を切り離すことが出来るので、精神と体の負担が減少します。
では慢性ではなく、一時的な場合はというと、この場合には市販薬などでいいので胃薬を飲むのが一番です。
また、その場を離れられるのであれば、少し離れて、休憩をする。動けるのであれば、歩く動くことで自律神経の負担を減らして、腹痛を改善することが出来ます。
こちらも、初期の段階でストレスの原因をなくす、改善する方法を探して置いたほうがいいかと思います。
初期の腹痛も重なれば、慢性化してしまいます!その前に出来る事をしましょう。
このストレス性胃腸炎は潰瘍やポリープのもとにもなるし、またガンの原因になることもありますので早期に解決策を見つけるようにしてください!

スポンサーリンク