MENU

妊娠後期の便秘の原因と解消方法について!!

スポンサーリンク

女性にとって、最大のイベントの1つと言えば妊娠ではないかと思います。
自分の子供を待ち遠しく、まだかまだかと期待に胸を膨らませている妊婦の方も多くいらっしゃることでしょう。
この妊娠時というのは、色々な心配があるかと思いますが、その中で多いのが、体調、健康についてではないかと思います。
妊娠時というのは、子供にも影響が出ることもあるため、親として非常に心配事になることが大きいと思います。
今回は、この「妊娠後期の便秘」について説明をしていきたいと思います。
便秘と言えば、誰もが経験するのではないかと思います。
そのため、自然の現象ではあるのですが、これが妊娠時になると、心配事に変わっていきます。
この妊娠時の便秘というのは、特に後期に多い症状です。ではこの悩みの原因と解消の方法について説明をしていきたいと思います。
妊娠時の腹痛の原因として、胎盤の圧迫や、胎児の移動、行動、また便秘と様々あるかと思います。
そのため、自分では自覚症状がないというときがあります。
お腹の調子が悪いときには、たいていの人がおなかをさする、のの字にマッサージをするという行動をするのですが、妊娠時となると、その振動がダイレクトに子供に伝わるということがありますので、なかなかできないと言うことがあります。
妊娠後期というのは、初期や中期に比べて、運動する機会が非常に低下します。
これは、母体と、胎児の安全を考えてのことで、医療機関からの指示もあるかと思います。
そのため、血流の動きや、胃腸の動きも低下するという事が起こります。

スポンサーリンク

この便秘の主な原因としては、

・お腹の赤ちゃんが腸を圧迫することで、胃腸の機能が低下する。
・腹部に力を入れられないと言うことで、便の排出が量が低下する。
・安静にすよって運動量が低下することで、胃腸の機能の低下。

これらが主な原因です。
特に、胎児の成長によって、腸を圧迫すると言うことは便の通り道を狭くしてしまうと言うことがあります。
これが、主な後期に便秘を招く原因になるかと思います。
そのため、食べ物が滞留して体温によって腐敗し腐敗ガスや腐敗毒が発生します。
腸内の圧力が高くなることで、「腹痛を始め、お腹の張り、臭いオナラ、イライラ、嘔吐感」がおこります。
また、腹痛以外にも、腐敗毒というのは、腸管壁から血液中に吸収されていき血液を汚していき、ドロドロの状態になります。これにより、血流を悪くなり頭痛、肩こり、冷え性、貧血感、肝腎機能が解毒で疲労して機能が低下して疲労倦怠感やむくみ、肌荒れ、ときに微熱や不眠など様々な症状がでます。
便秘なら、下剤を使用すればいいんじゃない?という考えの方もいらっしゃるかと思いますが、下剤といえど、薬になりますので、胎児に影響を与える事が懸念されますので、ひかえるようにしてください。
そのため、方法としては「ぬるま湯」を使用して、ぬるま湯を注水することで、便を軟らかい水のようにして排便をする方法があります。
これを2、3回繰返し行うことで腸内をきれいにします。
朝食後に行えば、昼間には腹痛や腹の張りがかいしょうされます。
胎児と母体に安全かつ簡単にできるものなのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク