MENU

臨月の「腹痛、吐き気」の原因ってなんだろう?

スポンサーリンク

妊娠時というのは、精神的にも不安定になりやすい事が非常に多いです。
そのため、ちょっとしたことでも、だいじょうぶなのかな?という不安に駆られることが多いかと思います。
そして、その症状がひどければひどいほど、ますます不安も増していくことかと思います。
今回はそんな妊婦さんの不安の一つ「臨月時の腹痛、吐き気の症状」について説明をしていきたいと思います。
臨月に入ることで、体はどんどんと出産の準備に備えていきます。
このさいに、ホルモンバランスの変化が多くあります。
そのため、妊娠前と、妊娠後期、出産後というのは、妊婦さんの体調が異なるということがよくあります。

スポンサーリンク

妊娠後期になると、特に女性ホルモンの分泌が大きく激変します。ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類があるのですが、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」というのは、妊娠8ヶ月から9ヶ月を頂点として出産に向け減少傾向に向かうのですが、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」は臨月に入って出産前まで増加し続けていきます。
ホルモンバランスの変化によって、胎児は、成長しやすい環境になるのですが、このホルモンのバランスによって、胃腸内や胃の周辺の筋肉まで弛緩してしまうために胃酸が逆流してしまい、吐き気を催しやすくなるのです。
またこの他にも、胎児が大きくなることで、胃腸を圧迫することがあります。
そのため、便秘がちな体になることが多いです。
人によっては、この腹痛で救急車を呼んで、入院すると言うことがあるくらい多い症状です。
胃腸の圧迫というのは非常に母体に悪影響を及ぼす症状でもあります。
またその状況によっては、胎児にも影響を与えることも懸念されますので注意が必要です。
他にも、嘔吐だけではなく、激しい下痢を伴う場合は、臨月になったことによる吐き気ではなく、「嘔吐下痢症」という感染性の病気の可能性もありえます。
臨月に下痢になることはあるのですが、水便の場合や頻度が多い場合は医療機関に行くようにしてください。

スポンサーリンク