MENU

生理痛と同時に起こる腹痛の治し方について

スポンサーリンク

生理痛は、一般的に下腹部痛や腰痛といった症状で認識されます。
子宮内膜が剥がれ落ちる時の痛みが、こういった生理痛の正体です。
従って、何らかの理由で子宮が収縮したりすると、一層痛みはひどくなります。
この痛みは、特定の痛み物質が関わっていることが分かっています。
そのため、この物質の分泌を出来るだけ抑えることが、一つの生理痛の治し方となる訳です。
痛み物質の作用によって、腹痛のみならず時に頭痛などの症状も現れることがあります。
痛みを引き起こす物質は、冷えや緊張などの自律神経の乱れで分泌が多くなることがあります。
ですので、生理中は出来るだけ体を冷やさず精神的な緊張をほぐすことが大切になるのです。
冷えや自律神経の乱れが起こると体の血流が悪くなり、子宮にも悪影響を与えます。
スムーズな経血の排泄が出来なくなり、痛みも増してしまう訳です。
従って、一つの生理痛の治し方としては腹部を中心に体を温めることが挙げられます。

スポンサーリンク

生理痛の改善薬とし広く普及している薬も、痛みを抑えるためには積極的に活用出来ます。
こういった鎮痛薬には、痛み物質の発生を抑える作用があることが多く、早い段階で飲むことでより効果が期待出来ます。
痛みを我慢していると、痛み物質がどんどん生成されてしまい、中々治りにくくなることがあるのです。
ですので、本格的な痛みが始まる前の段階で鎮痛薬を使うことが一つのコツとなります。
また、生理中には食品にも気を配ります。
特定の食品はホルモンバランスなどに影響して痛みを悪化させることがあるのです。
例えば、チョコレートやカフェインなどの刺激物は極力避けるようにします。
通常は女性ホルモンに良い影響を与える大豆成分も、この時期には摂り過ぎないようにすることが大切です。
納豆や豆腐を食事の中でとる程度であれば問題ありませんが、高濃度に成分が濃縮されたサプリメントなどは時に痛みを悪化させることがあるため注意が必要になります。

スポンサーリンク