MENU

十二指腸癌の「生存率」とはどれくらいなのか?

スポンサーリンク

病気の中でも特に怖いと感じる病気と言えば、「癌」ではないかと思います。
どの部分であれ、癌と聞くと、命に関わるという気持ちが強く出てくるのではないでしょうか?
今回は、がんの中でもなかなか気づかないと言われる、「十二指腸癌についての生存率」について説明をしていきたいと思います。
この十二指腸癌というのは、他の部分に出来る癌に比べると、癌の発生率はあまり高くはありません。
しかし、十二指腸というのは、ポリープでもそうなのですが、自覚症状というのが、気づきにくいという事があります。
そのため、症状が進行してから気づくと言うことが多い特徴があります。
この十二指腸癌は、治療に関しては、外科手術をメインに行うことになります。
そして、その後もしくは、手術によって切除ができない場合には、治療方針を切り替えて、抗がん剤や、放射線治療に切り替えていきます。

スポンサーリンク

この治療というのは、副作用がつきまとい、様々な副作用が起こります。
抵抗力が落ちたり、体力低下、そのほかにも、他の臓器にも影響がおこることがあります。
そして、これらでも完全に治癒することが出来る保証と言うものはなく、進行してしまったり、ほかの部位に転移するというリスクもあります。十二指腸癌というのは、大抵が、十二指腸に発生するポリープが癌に変わることがあると言われており、80%が良性腫瘍から、悪性に変異していると言われています。
また、ポリープが出来やすい体質や遺伝がある方ですと、十二指腸癌になりやすいと言われています。
この癌というのは早期に発見でき、なおかつ外科手術で完全に取り除くことができれば、術後も問題なく生活しているという方が沢山いらっしゃいます。
しかし、気づきにくいと言うことで放置をされている方ですと、がん自体も進行して行きます。
手術が出来ない場合の癌の場合ですと、5年間の生存率と言うのも、一気に低下してしまし20%に満たないと言われています。
このように、早期で治療を行うことが非常に大事になるですが、特徴としては、便秘や、血便がある場合に、初期症状としてあがります。
またポリープの発生から、消化不全でガスがたまりやすいと言うのも、特徴です。
これらの事は私生活でも起こりやすいものではあるのですが、異常を感じたら早期に病院に行くように心がけてみてください。

スポンサーリンク