MENU

おへその周りが痛い腹痛の原因について

スポンサーリンク

 腹痛は、「お腹が痛い」という症状を総称したものであり、出現頻度が高い急性疾患のひとつです。
そして、ひと口で腹痛といっても、その原因はさまざまです。
腹痛が起きる部位によって、原因を特定し、臓器や疾患を絞り込むことが可能となります。
おへその周囲の痛みで想定される臓器は、「胃・十二指腸・小腸・大腸・胆管・膵臓・子宮・卵巣・大動脈」などとなります。
そして、想定される原因疾患は、「胃潰瘍・胃炎・腸閉塞・急性膵炎・総胆管結石・腹部大動脈りゅう・上腸間膜動脈血栓症」などとなります。
 お腹が痛いというのは、身体が発するSOSです。
その裏側には、胃や腸、膵臓、胆嚢などの臓器に関連するものから、心筋梗塞など、さまざまな原因が隠れています。
腹痛の中には、一刻を争う、命にかかわるような重篤なものも存在しています。
ゆえに、おへその周りに痛みを感じたら、素人判断で軽く考えるのではなく、医療機関を受診して、医師の診断を受けるようにしましょう。
 スポンサーリンク

 トイレに駆け込むだけで回復する軽度の腹痛を除いては、お腹の痛みを軽視してはいけません。
お腹が痛い時は温めれば治るという言い伝えが、昔からあるのですが、この言い伝えは間違いです。
腹膜炎など、炎症を伴う痛みの場合には、温めると痛みが強くなってしまいますので注意しましょう。
日常よくある軽いものの場合には、お腹を温めることと、半日程度の断食・安静が回復のカギとなります。
 おへその周囲の痛みで1番多いのが、回盲部の異常です。
さらに、回盲部の病気では、急性虫垂炎がもっとも多くなります。

急性虫垂炎になると、おへその周りの痛みが、時間の経過とともに、右下腹部へ移動するという特徴があります。
また、有害な細菌が含まれている食べ物や、毒のある食べ物を摂取すると、お腹が鳴って、おへその周りが痛くなります。
さらに、痛みがあって、同時に下痢を引き起こしている場合には、感染性の腸炎が考えられ、吐き気を伴う場合には、急性胃炎の可能性が高いので、早急に医師の診断を受けるようにしましょう。
 スポンサーリンク