MENU

ストレス性胃腸炎とタバコの影響について!

スポンサーリンク

胃腸炎にはさまざまな原因な物があります。
それは細菌やウイルスが原因になるものから、ストレスなど精神的な胃腸炎というものがあります。
また体質も関係をしていてちょっとしたことで胃腸炎を起こすという体質の方もいます。
他にも、アルコールが原因であったり、実に原因というのは沢山あります。
今回はその中で「ストレス性胃腸炎とタバコ」について説明をしたいと思います。
このストレス性胃腸炎というのは、名前の通りストレスによって引き起こされる胃腸炎です。
たかがストレスというふうに考えてはいけません。
このストレスが原因の胃腸炎というのは、慢性化することが多くそして、ポリープや癌化する原因になることもあるよな胃腸炎なんです!!
では、この胃腸炎とタバコの関係についてです。
タバコをすっている方はなぜタバコを吸うのでしょうか?
人によっては、ストレス解消!という解答する方がいます。
また似たように、精神的に落ち着くためという方もいます。

スポンサーリンク

いずれにしろ精神状態を落ち着いた状態に戻すために喫煙をするということですね。
しかし、このタバコというのは、胃腸に悪影響を与えるものなんです。
喫煙といえば、喉や肺というイメージかもしれませんが、実はタバコを吸うことで、胃腸の粘膜に異常をお越します。
これは、喫煙によって、胃腸の血管が収縮してしまい、胃腸の機能が低下します。
また、胃腸に潰瘍やポリープをつくる原因にもなっているんです。
これは自律神経の乱れという理由もあるのですが、喫煙によって潰瘍などができると、再発を起こしやすいということがあります。
タバコは体にとって悪影響をあたえるものでしかありません。
タバコによってストレスが落ち着くというお話もあるのですが、実はタバコをすっている方よりも、吸わない人のほうが、気が落ち着いている事が多いのです。
事実、禁煙をされた方ですと、タバコをやめたほうが精神状態が落ち着くという話もあります。
また、喫煙によって胃酸多加という傾向にあるのですが、胃酸が通常の状態に戻ります。
このように、精神を落ち着かせるという物が逆に体や精神に悪影響をあたえることになるんです。
ですので、喫煙は控えるか、禁煙をするようにしてください。
これによって、ストレス性胃腸炎というのは極度に回復をしていきます。
もちろん原因となるストレスを解消するというもの正しい治療法です!!

スポンサーリンク