MENU

食あたりがほかの人に移るものは「ウイルス性」です。

スポンサーリンク

食あたりである、食中毒と言うのは、とても苦しい症状であり、場合によっては命に関わる事があります。
この食毒で心配事の一つと言うのが「他人にうつるのか?」という心配事です。
ご家族のうち1人が感染した場合に、特に免疫力の弱いお子さんがいらしゃる家庭の場合には、特に心配になることではないでしょうか?
また感染者自体も自分の家族や子供など、大切な人に自分の苦しいと感じている症状に感染してほしくないという気持ちがあるのではないでしょうか?
ではこの食中毒というのは感染するのでしょうか?
これは、条件によって感染する可能性があります。
まず、食中毒の原因となるものはいくつかあるのですが、普段の生活で感染するリスクのほとんどを占めているのが、「細菌」「ウイルス」のどちらかになります。
食中毒のイメージと言えば、食べ物が痛んだり、腐っている物を食べた際に、お腹を下したり、吐き気を催したという様な事があげられるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

このさいに、食べ物が傷んだり、もしくは「刺身、生牡蠣」などに付着している物これが「細菌」になるのですが、こちらに感染すると食中毒を引き起こします。
この細菌性の場合には、感染が拡大するという事は、まずありえません。
あるとしたら、集団で同じ食べ物を共有、シェアして食べた場合です。
これは、うつったわけでなく同じ原因である食べ物を一緒に食べた事が原因であり、人を介して移ったというわけではありません。
続いたが、「ウイルス」なのですが、こちらの場合には「うつる」リスクが非常に高いです。
これは冬場に特に多く、症状を引き起こします。
そして、人と人だけではなく、人の唾液や、吐瀉物、便にもウイルスが付着します。
ウイルスの生命力が高く特に「ノロウイルス」の場合には、上記のウイルスを含んだ唾や吐瀉物に触れると感染することもあります。
例えば、水道の蛇口やドアノブなどを、ウイルスが付いている手で触れると第三者が触れた際にウイルスがうつってしまいます。
これが原因によって集団感染を引き起こします。
このような自体を防ぐためには、「うがい、手洗い」をしっかりとおこなうにしてください。
また感染者が触れた物をしっかりと消毒、清掃することが大事になります。

スポンサーリンク

関連ページ

食事後の食あたりが起こるまでの時間とは!?
様々な腹痛による症状から治療まで!!
食あたりの症状で嘔吐のみの場合で思いつくこととは?
様々な腹痛による症状から治療まで!!