MENU

十二指腸潰瘍の治療方法についての解説です!

スポンサーリンク

十二指腸というのは、自覚症状はなくとも実に様々な原因や要因によって病気をお越します。
病気と書いてしまうとちょっとオーバーな話になるかもしれませんが、炎症や消化不良などお越します。
これは皆さんも、意識をしていないだけで結構経験された方が多いのではないでしょうか?
体調がちょっと悪い、体が疲れているといったことでもこのような症状が起こるので、経験したことがないという人はまず居ないかと思います。
さてその十二指腸の病気で「十二指腸潰瘍」という名前の病気があります。
これは十二指腸が炎症することで潰瘍が出来てしまうという病気です。名前自体もメジャーなのでみなさんもご存知ではないかと思います。
「潰瘍」とは何?ということで、解説をしますと、何かしらの要因によって、十二指腸の粘膜が荒れます。
これは、細菌、ウイルス、胃酸などの影響や体調、ストレスなどさまざまです。

スポンサーリンク

これによって、粘膜組織が欠損するのですが、ようは十二指腸の壁に穴が空いてしまうという事です。
発症にかんしては比較的に若い年代の方で多く、「10〜20代」に多いです。
原因に関しては9割以上が、ピロリ菌が原因とも言われています。
話はそれますが、同じく潰瘍として「胃潰瘍」と言うものがありますが、こちらの場合は、症状が高くなり40歳以上の方に多く更年期を迎えた方に多くみられるびょうきです。
実際に、この治療方法に関してですが、「ピロリ菌」ですが、この場合ですが、医療機関での検査によってピロリ菌が確認出来た場合に、ピロリ菌を駆除することで腸内環境を整えることで症状が改善します。
また完全にピロリ菌を排除することで、症状の再発に関しても非常に効果があり「5%以下」とかなり低い水準となっています。
潰瘍というのは、痛み止めなどでは、決して症状は改善しません。
症状が進行すると、血便や下血を伴いうことになります。
また、十二指腸がんの原因になりうるので、早期に治療を行うことで再発や他の疾患のリスクを軽減することが出来ます。

スポンサーリンク