MENU

十二指腸癌の原因と治療方法とはどのような物があるの?

スポンサーリンク

胃腸というのは、様々な要因を受けることで、いろいろな症状をお越します。
軽度なものですと、炎症がおこることで、軽い腹痛を起こすものが多いのですが、進行すると潰瘍になることもあり、この際には、十二指腸や胃に穴が空いてしまうことがあります。
年代に関してですが、十二指腸潰瘍では20代と若年層の方が多く、胃潰瘍は40代という年代の方が症状を引き起気お越しやすい傾向になっています。
このように、炎症や潰瘍と言った症状を引き起こす胃腸ではあるのですが、一番恐ろしい言われる病気と言ったらどのようなものがあるのでしょうか?それは「癌」ではないかと思います。
さまざなな部分で起こる癌ですが、その中で「十二指腸癌」というのは、消化器系の癌の中では発症率が「0.3〜2.9%」と言われるように非常に低いものです。

スポンサーリンク

また発症率が低いということで、どのような事が原因で発症するのかと言うことで実は、現在もはっきりと解明されていません。
医学技術が日進月歩で進んでいてもまだまだわからないということがあります。
さて十二指腸癌の約80%というのは、良性の十二指腸ポリープが悪性に急に変化するという事で起こります。
ここまでは、わかってはいるのですが、なぜ、良性が悪性に変化を引き起こすのかについてはまだ解明されていません。
腸に関わる病気というのは、ほとんどが自覚症状が少なく、初期のじょうたいで気づくと言うことがすくないと言われています。
十二指腸癌というのも例にもれず、初期症状はほとんどありません。
しかし症状が進行すると「腹痛、吐き気、体重減少、貧血」といった症状が現れます。
検査に関しては他の癌と同様に血液検査を行う事で腫瘍マーカーが高値を示すことで判断されます。
十二指腸癌の治療方法について「外科療法」や「放射線療法」、「化学療法」など様々あります。
治療方法については他にもあるのですが、大抵がこれらの治療になります。
そして、どの治療方法で進めていくのかについては、進行状況や大きさ、年齢、体力を考慮することで医師と患者さんとの対話を重ねることですすめることになります。
また「内視鏡検査」を行って癌が粘膜内におさまっている場合には内視鏡により癌を切除することが可能なこともあります。
内視鏡によって切除した場合は開腹手術をするより術後の回復が早く患者への身体的負担が少ないという特徴があります。癌が粘膜下層まで進行していると内視鏡によって切除する事ができない為、開腹手術によって切除します
また、癌の進行が非常に進んでおり、手術により切除が完全にできないという場合や患者の体力の問題により、外科手術が行えない場合には放射線治療や科学治療を進めることがほとんどです。

スポンサーリンク