MENU

臭いの強い「おなら」は十二指腸潰瘍の合図!?

スポンサーリンク

いきなりですが、便というのは実に多くの体の状態を表す事が多く、便の状態を確認することで、現状の体の状態を理解すると言うことが出来ます。
スポーツ選手の方ですと、この便の状態を理解することで自分の体の状態を把握するという方法を利用したりしているという方もいます。
また他にも、血便や下血という症状もあり、こちらでもお腹の中の症状を判断するために非常に重要になります。
これに加えて実は「おなら」というのも、症状を判断するための判断材料になります。
これは腸内環境を理解する上で参考にすると言うことがあります。
その一つが「十二指腸潰瘍」です。
十二指腸潰瘍というのは、ほとんどの原因がピロリ菌によるもので、10代から30代と比較的若年層の方に多く発症するものでもあります。
十二指腸というのは、「球部・下行部・水平部」の3つより構成されており、そのなかでも球部が最も潰瘍を発生しやすい箇所とされています。
とくちょうとしては 、「食欲不振や胸焼け、腹痛、おならが臭い」といった症状が現れ、主に腹痛は空腹時に起こることが多いです。

スポンサーリンク

おならが臭い症状が発生したときは、医療機関の消化器科や胃腸科で診察・治療を受ける事が賢明かもしれません。
これが、一時的なものでなく、長期的に続く場合には、十二指腸潰瘍の可能性が高いといえます。
「おならの臭い」の原因なのですが、これは、腸内環境が悪いことで、消化が十分にしきれなくなると言う事があるためです。
そのため、長期間、腸内に食べ物が残ることでガスがたまります。
これが強い臭いを発する原因につながります。また、腸内の動きが悪いので、お腹が重い、張るという傾向もあります。
しかし、これは体が疲れている状態や、ストレスがたまっている状態でもおこりますので、自分の生活を照らし合わせて判断してみるのもいいかと思います。
医療機関に行くと当然ながらはんだんは早いです。
診断については、「内視鏡検査・触診・バリウム」がおもなものになります。
十二指腸潰瘍の治療は「薬物療法」が主となりまして、完全に完治するまで約2ヶ月程度ようします。
これは、原因の9割と言われる、ピロリ菌を除去する事で潰瘍を治癒させる為に掛かる時間です。

スポンサーリンク