MENU

腹痛の薬はコンビニで!?

スポンサーリンク

お腹がごろごろしたり、痛みを感じたり、腹痛はつらい症状です。
しかも時間や都合に関係なく発生することがあるため、静まり返った会議中や講義中、テスト中などに発生してしまうと、とても恥ずかしいものです。
もっとも前日にお腹の調子が悪かったり、お腹をゆるくするものを飲食してしまったなどの予測ができる状態なら、そうならないための対処方法もあります。
まず食事に関しては、あまり食べない方が良いのですが、しかしそれだと空腹のためにお腹がなってしまうこともありますので、お腹に優しいものを食べるようにしましょう。
お粥やうどんなどの消化に良いものがおすすめで、逆に海藻などの食物繊維の多いものは、避けた方が無難です。
そして薬に関しては下痢止めや鎮痛鎮痙薬などが良さそうですが、他にも整腸剤というものがあります。
こちらは腸の環境を整える菌を配合したものがほとんどなので、医薬部外品なためにコンビニなどでも手軽に購入することが可能です。

スポンサーリンク

腹痛に最適な下痢止めと鎮痛鎮痙薬ですが、いくら腹痛がするからといっても、この二つを併用することは避けた方が無難です。
どちらも効能については似たようなものですが、だかといって飲みすぎるのは身体によくありません。
もっとも整腸剤に関しては、下痢止めおよび鎮痛鎮痙薬の、どちらとも併用が可能です。
基本的に整腸剤は腸の環境を整えるサポートをするものなので、飲み続けても害はありませんし、効果がなくなるということもありません。
また同じような意味で漢方を利用するという方法もあります。
もっとも症状がひどい場合や長く続くようならば、こういったセルフケアではなく、やはり一度ちゃんとした医療機関を受診して、医者の診断を受けることをおすすめします。
ちょっとした体調不良程度が原因の場合はすぐに完治しますが、中にはウイルス性やストレスなどが原因の場合もあります。
こういったものが原因の場合は、セルフケアではなかなか完治しませんし、とくにウイルス性は急を要する場合もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク