MENU

十二指腸ポリープは「良性」のほうが多い?

スポンサーリンク

十二指腸ポリープという言葉を聞いたことはありませんか?もしくはポリープという言葉を聞いたことはありませんか?
腫瘍というものであり、良性と悪性があります。
一般的には、ポリープというのは、悪性でマイナスイメージを強く持っている方意外と多いのですが、実はポリープというのは体内で気づかないうちで発せいして勝手に消えることもあり、良性で或ことが多いです。
十二指腸ポリープができる頻度というは、同じく、胃のポリープに比べたら少なく、1万人に対して3人程度の割合だと言われています。
自覚症状自体がほとんどないのが特徴で、健康診断などでたまたま発見されるということが多いです。
しかし、いくら良性が多いと言っても心配になるのは悪性なのではないか?ということです。
十二指腸ポリープというのはがんの場合もあるため、十二指腸にできるポリープの種類を紹介していきます。
まずポリープとは、粘膜の表面にできる「コブ」のようなものです。

スポンサーリンク

良性の場合、腺腫という分泌腺の細胞が増殖してできたもので或ことがあります。
この場合は、発見されても治療は行わず、経過観察となる事がほとんどです。
しかしながら、ポリープは大きくなってくると「癌」の可能性が出てきます。
また、ポリープだと思って切除したら、悪性の腫瘍だったということもあります。
十二指腸ポリープは、発症事例が多くないこともあり、原因ははっきりと特定されていません。
現在ですと、食生活に何らかの原因となるファクターがあるのでは?と考えられています。
これは、主に食の欧米化などが原因という事も示唆されています。
ポリープの生成を予防するためには、日頃から規則正しい食生活、ストレスを溜めない生活を送ることが大事です。
良性のポリープの場合は特に治療は行いませんが、大きさが2cm以上の場合は切除されることが多いです。
この大きさの場合には自覚症状として、血便が確認出来ることが多いです。
治療にかんしては、内視鏡を使用した切除を行うことが多いです。
また、非常に時間も短く、体に対する負担も少ないため、リスクが少ない方法ともいえます。

スポンサーリンク