MENU

みんなが気になる寝屁の仕組みや原因について

スポンサーリンク

寝ている間におならが出てしまう事を寝屁といいます。
一人暮らしをしている時には気付かなかった方も同棲したり結婚したりして一緒に他の人と寝る機会が増えると発覚するようになります。
自分では無意識の事ですので急に言われてもどうしたら良いかわからなくなってしまう方も多いと思います。
そこでこちらのページでは、寝屁がどのようにして起こるのかの仕組みや原因などについてご紹介します。

 

【基本的なおならの仕組みとは】
基本的なおならの仕組みは、食事の時などに一緒に体内に取り入れた空気などが体外に肛門から排出されるメカニズムになっております。
しかし、おならと空気では臭いが全く違います。
これは、体内に取り入れた空気の他に水素や炭酸ガスなどが混在されているからです。
血液中に含まれているガスは腸壁を通過しておならとして排出される他、臭いの原因となっている大腸に残っている食べ物が分解される時に出るガスなども含まれているからです。
その為、食べ物の種類によっておならの臭いが変わって行きます。
これがおならが臭い原因と仕組みになります。

スポンサーリンク

 

【寝屁の原因と仕組みとは】
通常のおならと違って寝屁の仕組みと原因は、寝ている間に無意識で行われている蠕動運動による物です。
腸の中にある筋肉が収縮と弛緩を交互に繰り返す事によって、食べた物を押し出そうとする無意識で行われる運動が蠕動運動と言うのですが、この蠕動運動は起きている時だけでなく寝ている時にも行われておりますので、寝ている状態であってもおならは出るのです。
この蠕動運動が寝屁が出てしまう原因と無意識におならが出てしまう仕組みになっております。

 

【寝屁が極端に出ない方は】
寝屁が極端に出ないような方の場合には、蠕動運動が行う力が少ないという事になります。
そういった方の特徴としては、便秘の症状に悩んでいる方が多いという事です。
蠕動運動があまり行われていない方の場合には腸内の活動が一般の方よりも少ないというい事になります。
寝屁はあまり出ないのですが、その分、便秘になりやすいというデメリットがあります。
生理現象的には寝ている間に自然におならが出る方が健康的だと言えます。

 

寝屁が出るのは、仕組みから考えてみても原因から考えてみても人間なら正常な生理現象だと言えます。
しかし、どうしても出てしまう回数を減らしたいという方の場合には、ガスが出にくい食べ物を選んだり、眠る前にストレッチをしたり、また普段の生活でストレスをためている方は寝屁の原因になりますので注意してください。

スポンサーリンク