MENU

病気も疑わなければいけないおならが出にくい症状

スポンサーリンク

おならは体調を計るバロメーターにもなります。
おならの回数が多かったり、音が大きかったり、臭いがきつかったりなどその変化によって体調の良し悪しを計る事ができます。
しかし、最近ではおなら出にくい症状に悩んでいる方も増えて来ています。
そこでこちらでは、病気も疑わなければいけないおならが出にくい症状についてご紹介します。

 

【病気も疑わなければいけないおならが出にくい症状】
おならが出にくい症状は病気の可能性がありますが、大半はそこまで深刻な物ではありません。
おならが出にくい症状の主な原因は腸の動きが鈍っている事があげられます。
おならは肛門から排出する前にそこまで運ばなければいけません。
おならを運ぶためには腸の動きが重要になってきます。
例えば便秘などの場合には、腸の働きが鈍っているのでおなかにガスが充満して張っていたり、お腹がグルグルと鳴ってしまうような状態になっております。

スポンサーリンク

 

【おならが出にくい原因】
おならが出にくい原因は病気以外にも複数考えられます。
ストレスや腸を動かす筋肉量の不足、糖質の多い食べ物ばかりを食べていたり、食物繊維が不足していたり、水分の量が少なかったりと様々な原因でおならが出にくい状況になっております。

 

【おならが出にくい病気とは】
おならが出にくくなる病気があります。
ストレスによって起こる過敏性腸症候群という病気であったり、大腸壁の憩室に便などが詰まって炎症を起こす大腸憩室炎、消化物などが腸に留まることが原因で起こる腸閉塞、大腿ヘルニアによる腸閉塞、深刻な病気の大腸がん、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気の可能性がありますので注意が必要になります。
おならが出にくい状況は腸の動きが悪くガスが体内に溜まってしまう事になります。
発がん性物質なども発生してしまいますので病気になる可能性も高くなってしまいます。
おならが出ない状況は病気になりやすい状況になっておりますのでおならが出やすい状況を整えるように、ご飯を食べる速度をゆっくりしてみたり、食物繊維の多いメニューを選んだり、睡眠時間をしっかりと取るなどの生活習慣を見直したりする事がとても重要になります。
日頃から腸の働きを強化するような生活スタイルに改善できるように心がけてください。

スポンサーリンク