MENU

おならと腰痛の関係性とは

スポンサーリンク

一見するとまったく関係無いと思えるおならと腰痛には、実は密接な関係があることをご存知でしょうか。
しつこい腰痛が治らずに悩んでいるかたもおならと合わせて考える事で改善する余地が十分にあります。
そこでこちらのページでは、おならと腰痛の関係性についての情報をご紹介します。

 

【腰痛がおならが増える原因とは】
腰痛が辛くなってから、おならをする回数が増えていると思っている方が増えております。
これまでは関係性が無いと思われていましたが、腰の神経が圧迫される事によって便秘の症状がでてしまったり、自律神経が乱れるようになっているため、腸内環境が悪化する事が研究結果で明らかになっております。

 

【2パターンの腰痛とおならの関係性】腰痛には心理的やストレス的な事が原因で腰痛になっている場合と、椎間板ヘルニアのように物理的に腰の神経を圧迫する事が原因で腰に痛みが出ている場合とがあります。
心理的な腰の痛みは、自律神経が乱れる悪影響がありますので腸が行っている蠕動運動が正常に動かなくなってしまいます。
その為、腸内環境が大きく乱れることになり、おならがでやすくなってしまうのです。
また、椎間板ヘルニアのような物理的な腰の痛みの場合には、腰の神経が圧迫されておりますので、便秘になりやすく、腸内環境が悪化しますのでこちらもガスが出やすくなっております。
その為、両方とも腰の痛みと関係している事になります

スポンサーリンク

 

【腰痛と関係しているおならを解決する】
腰痛と関係しているおならを解決するためには、腰の痛みとおならのどちらを解決するのかが重要になります。
基本的には長引く腰の痛みよりも腸内環境を整える事が近道になります。
おならは腸内に悪玉菌が増える事が関係しておりますので、先ずは悪玉菌を減らしつつ善玉菌を増やす事が重要になってきます。
ヨーグルトなどの発酵食品や乳酸菌サプリメントなどを活用しつつ、ゴボウやこんにゃく、サツマイモなどの食物繊維が豊富な食べ物を意識して食べるようにしてください。

 

腸の蠕動運動を良くするために軽い運動だったり、ストレッチなども有効になりますが、腰痛を悪化させてしまう事が無いように無理は禁物です。
いきなりは改善しませんので積み重なるようなイメージでチャレンジしてください。

スポンサーリンク