MENU

ダイエット中の脂肪燃焼おならの臭いの関係性とは

スポンサーリンク

ダイエットは単に食事制限をして体重を落とすだけでは単にやつれてしまうだけで、肌荒れが酷くなってしまったり、髪の毛が細くなったり、病気になってしまいます。
その為、長期的にダイエットを成功させるためには脂肪燃焼を行ってキレイにしなやかなボディを手に入れる事が重要になります。
しかし、ダイエットで脂肪燃焼を行うとおならの臭いが臭くなっているという事があり、何か関係しているのではないかと感じている方が沢山います。
そこでこちらのページでは、脂肪燃焼とおならの臭いの関係などの情報をご紹介します。

 

【ダイエット中の脂肪燃焼が関係しておならが増える】
有酸素運動や筋トレなどで脂肪燃焼が活発になると、これまでの生活では考えられない程おならがでるようになってしまいます。
ダイエットをしているとこれまでよりもカロリーの少ないメニューが増えるため、食生活が変わった事が関係してガスが溜まりやすくなると思っている方も多いのですが、多少は関係しているかも知れませんが、最も関係しているのが脂肪燃焼によってガスが作られるようになっているのです。
最も関係しているのが、胎内にある脂肪が燃焼する時に炭酸ガスと汗や尿が生成されます。
炭酸ガスはおならになりますので脂肪燃焼が行われるようになるとおならが出やすくなっているのです。
また脂肪が燃焼された際にでるガスは通常の物よりも臭いが臭いという事は有りません。

スポンサーリンク

 

【ブームになったおならダイエット】
一時期ネットやテレビなどでブームになったおならダイエットは、ガスを排出する時に67キロカロリーも消費されますので、1日で500グラムも脂肪燃焼する事ができます。
また、このダイエットの魅力は脂肪を燃焼しつつ、体外に溜まりがちな毒素を積極的に体外に出す事ができるという健康面でも高い評価がある事です。
もちろん勢いや長さなど体外に排出する量によっても消費するカロリーは関係してきます。
毎日しっかりとガスを排出していると、溜めこんでいる臭いと比べてかなり抑えた臭いになりますので臭いからガスを排出したくないという方でも安心です。

 

ダイエット中のおならは、もともと体内に蓄えていた脂肪が燃焼した事によって生じた炭酸ガスになります。
ダイエットが好調な方ほどガスがお腹の中に溜まりやすいという事にも繋がります。
恥ずかしいからといって我慢していると身体に悪影響を与える事になります。
ガスの臭いは非常に少なくなっておりますので臭いでのストレスは少ないと言えます。
また、おならは毒素を含んでおりますので、トイレなどに行ってなるべく早く体外に出すようにしてください。

スポンサーリンク