MENU

腰痛の症状の原因になる病気とおならの関係

スポンサーリンク

腰痛は日本だけでなく世界中で悩んでいる方が多い病気です。
すべり症や骨の変形、椎間板ヘルニアなど様々な理由で腰の痛みがある症状に悩んでいる方も多いのですが、ほとんどが原因がはっきりとしない腰の痛みの症状が続いている場合があります。
しかし最近では腰の痛みの症状の中には、内臓が関係している事がわかってきております。
そこでこちらのページでは、最近注目されてきた腰痛の症状とおならなどの関係についての情報をご紹介します。

 

【長年の腰痛の症状と恐ろしい病気】
たかが腰痛と思っている方も認識を改めないと恐ろしい病気になってしまう可能性があります。
2017年の2月現在において、腰痛全体の80パーセント以上は原因不明の症状だと言われております。
実は腰が痛くなる症状の腰痛には、沢山の病気が原因となっている事が多くなっております。
例えば慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気が原因で腰痛の症状が出ている場合もありますし、胆嚢炎や胆石症、胆道結石なども多い病気になります。
また、腎盂腎炎であったり尿路結石、子宮筋腫などの病気や卵巣嚢腫、卵巣炎、腹部大動脈瘤、帯状疱疹による神経痛などの病気も腰の痛みに関連する事がわかってきております。

スポンサーリンク

 

【胃腸の不調が腰の痛みを発生させます】
最近わかってきているのが、胃腸などの状態が悪いと腰に痛みの症状がでるようになっている事です。
例えば最近おならの数が増えていると思ったり、おならの臭いがきつくなっていると思った方のなかで腰の痛みの症状がある方は、胃腸の働きが弱っている可能性があります。
おならは腸内環境が悪いと臭いが強くなってしまう事もあります。
逆に言えば腸内環境を整える事で腰の痛みの症状を緩和する事も可能ですし、おならの臭いも少なくする事が可能だという事になるのです。

 

臭いおならと腰痛は全く違っている病気のようにも思えますが、実は密接な関係がある事がわかっております。
おならの臭いやおならの量によって身体の不調を感じる事もできますし、何年も腰の痛みが緩和しなかった方の場合には、慢性胃炎や胃潰瘍などの病気の検査を行い治療する事で劇的に改善するような事も珍しくありません。
腰を引っ張ったり、指圧にいったり、シップを貼っても腰痛が緩和しないような場合には、腰以外の病気の治療を行うのもおすすめです。

スポンサーリンク