MENU

夜になるとお腹が張る原因、このほかに症状は?

スポンサーリンク

夜になるとお腹が張る、こうした症状が決まって起るという方はガス腹となっている可能性があります。ガス腹になるとお腹が張るという症状のほかに、お腹が常に重苦しい状態になりますので、その原因を理解しガス腹を解消する事がのぞまれます。

 

【夜になるとお腹が張る、夕方近くになるとウエストが苦しい】
夜になるとお腹が張るという症状や、夕方になるとウエストが苦しいと感じる症状の原因は、ガス腹が考えられます。なぜこのような症状になるのかというと、食事の仕方や食べ物、飲み物などが関係している方が多いです。

 

毎日忙しく食事の時間もおしい!と、ついつい早食いになっていないでしょうか。早食いする時には食べ物と一緒に空気をより多く取り込んでしまいます。通常、ゲップやおならなどで解消されるはずなのですが、食事の内容などによってガスが発生しやすいものが多いなどが原因となってガス腹になります。

 

炭酸飲料が好きという人、過剰に摂取される方も夜になるとお腹が張るという症状が出てきます。お酒についても炭酸で割ったものが好きという方は、ガス腹になる可能性があります。

スポンサーリンク

 

【夜になるとお腹が張る方は食物繊維の過剰摂取も考えられる】
食物繊維の過剰摂取も夜になるとお腹が張る原因となる事があります。便秘されている方、また健康志向の方は野菜をたくさん摂取しようと心がけていますが、野菜量が多すぎると食物繊維過多状態となり、これが原因で夜になるとお腹が張るという状態になります。

 

食物繊維には不溶性と水溶性があり、不溶性は野菜、ご飯、豆類、きのこ類などで水溶性は海藻、納豆さらに粘り気がある野菜、果物などです。両方ともガス腹の原因となりますが、不溶性は腸との相性があり野菜によってガス腹となっている方も多いので、不溶性の野菜を多く摂取するとお腹が張るという事であれば、少し不溶性の野菜を減らす方がいいでしょう。

 

健康のためには野菜が一番とばかりに、その他の栄養素よりもずっと野菜を多く摂取していると腸内でガスが発生する事も多くなる場合があります。お腹が張るという症状がある方は、まず野菜の量を考えてみてください。バランスのいい食事をするということがこうしがガスによるお腹の張りの原因を除去することになります。

スポンサーリンク