MENU

病気?「腹部膨満感と体重増加」その症状

スポンサーリンク

腹部膨満感が常にある、その上体重増加という症状が見られたら、何らかの病気が隠されている、また腹水がたまっている可能性もあります。ただたんに腹部膨満感、お腹が張るという症状ならガス腹も考えられますが、特に急に体重増加がみられるという場合、病気の可能性も否定できません。

 

【お腹が張る、体重増加もみられる場合疑われる腹水とは】
胃、腸、それに肝臓などの腹部にある内臓はこれらを包み込む大きな膜でおおわれています。その内側には内臓同士がこすれ合わないようにすきまが保たれており、この空間の事を「腹腔」といいます。

 

この腹腔には正常な状態でも人によって50ml位まで水が存在していますが、何ら化の病気、不具合が生じるとたんぱくを含んだ水が過剰になり腹腔内の水が増加します。この状態が腹水貯留と呼ばれ、腹水がたまっていることで腹部膨満感などが症状が出てきて腹部膨満感にも繋がります。

 

【腹水はなぜ多くなる?】
肝硬変、心臓疾患、腹膜炎、がんなどが要因となって腹水という症状が出てくることが多いのですが、非炎症性と炎症性、この二つの種類に分けることができます。非炎症性の場合、腎臓の病気のネフローゼ、心臓疾患、また肝硬変、さらに卵巣の病気などによって腹水貯留状態になります。この場合、タンパク量は少なく、凝固しにくい、また腹水の量も少量です。

 

炎症性の腹水は癌、細菌性腹膜炎、急性膵炎などで起るもので、炎症が原因となって血管の成分が漏れ出す浸出液が腹膜内にたまります。この液体の中にはタンパクが多く、重いため凝固しやすいという特徴があります。

スポンサーリンク

 

【腹部膨満感と体重増加という症状が見られたら医療機関で受診を】
腹部膨満感、体重増加などが顕著にみられる場合、腹水の可能性がありますので、これらの症状がみられる時には医療機関を受診し、超音波検査などを行って腹水があるかどうかを確認した方がいいでしょう。

 

こうした腹部膨満感や体重増加という症状が伴う場合、何か病気が原因となって腹膜内の液体が多くなっていることが考えられますので、治療を行いつつ、食事内容などもうまく調整しながら改善方向に持っていきます。

 

症状によって医師が治療の内容を考えますが、腹水がたまっている状態という事であれば、食事の塩分制限、プラス安静にするということが基本的な治療です。これに加えてその方の状態を確認しながら、利尿剤などを利用してお腹の中の水分について尿による排出を試みる、また血管内の水分調整の注射を行うなど対処します。

 

お腹が張って特にいきなり腹部が膨らみ、体重増加もみられるという場合、その原因には病気が隠されていることもありますし、すでに何か病気の治療を行っていて、その上でこうした状態になる方もいます。お腹の張りが強く体重がいきなり増えたという方は、医療機関でしっかりと検査を行う方がいいでしょう。

スポンサーリンク