MENU

風邪でお腹が張る原因と症状は?

スポンサーリンク

風邪をひくと鼻水やのどの痛み、熱など辛い症状が出てきますが、お腹が張るという症状に悩まされる方もいます。風邪でお腹が張るという状態の場合、その原因の多くがウイルス性胃腸炎です。よくお腹の風邪と呼ばれるものですが、こうした症状を引き起こす原因はどのような事が考えられるでしょうか。

 

【熱があってお腹が張るという症状の原因】
他に原因がある場合も考えられますが、お腹の張りがあり熱もあるという場合、一般的にウイルス性胃腸炎を疑います。この原因となるのはウイルス、菌、さらに寄生虫などです。最近はウイルスや菌が原因となって、お腹の風邪、つまりウイルス性胃腸炎を発症される方が多くなっています。

 

【冬場猛威を振るうノロウイルスなどが代表格】
冬場になるとニュースなどでもノロウイルスの発生が多くなっていると注意喚起していることもあります。一般的にウイルスによってお腹が張るなどの症状を引き起こす風邪は冬場に猛威を振るいます。ノロウイルスのほかにもロタウイルスなどがあり、ロタウイルスの場合は特にお子さんが感染し、白い下痢が特徴的な症状です。

スポンサーリンク

 

【風邪でお腹が張る原因となるノロウイルスの症状】
最も特徴的な症状が吐き気、下痢などですが、お腹が張って苦しいという状態にもなります。お腹が張り、その後、次第に痛みに変わってきて激しい下痢、嘔吐などを繰り返します。嘔吐のみ、下痢のみと軽い状態で終わる方もいますが、重症化する方も多く、関節痛やだるさなども出てくることもあります。

 

熱については一般的に40度まで達するという事は少なく、通常2日から3日くらいで落ち着きます。無理に食事をしても嘔吐や下痢がひどくなるだけなので、嘔吐と下痢が激しい状態の時には、水分だけ摂取します。できれば塩分と糖分を含んだスポーツドリンクなどを摂取し、水を飲んでも吐いてしまい脱水している状態であれば、医療機関で点滴などを受ける必要汚出てきます。お腹が張る、下痢、嘔吐などの症状がある場合、市販の下痢止めなど「絶対に服用せず」医療機関を受診しましょう。

 

お腹が張るといった風邪の場合、大人であれば体力もあり抵抗力もあるので、それほど重症化せず2日くらいで回復しますが、幼児や高齢者の場合、急激に状態が悪化する事も少なくありません。状態をよく確認する事、また早い段階で医療機関を受診することが求められます。

スポンサーリンク