MENU

妊娠中期のお腹の張り、胎児への影響は?

スポンサーリンク

妊娠中期、初期と比較するとお腹の張りの回数が多くなることもあります。ちょっとしたお腹の張りでも胎児への影響があるのではないかと心配されることもあるかと思います。心配のない腫れと注意が必要な腫れがありますので、理解しておく方が安心です。

 

【妊娠中のお腹の張りはほとんどが生理的現象】
妊娠中期、お腹もだいぶ大きくなって胎動も感じるようになると妊娠しているんだなーという事を強く感じますし、同時に出産への不安や現在の体調面での不安など、いろいろ精神的にも不安な面が多くなります。

 

妊娠中期の妊婦さんの不安要素にお腹の張りがありますが、通常、子宮の動きと連動しているものですし、お腹が次第に大きくなり子宮も成長するため、引っ張られるような感覚で張ると感じる事も多くなります。お腹の張りがスイカみたいに硬い、がちがちに張って不安という方もいますが、お腹が大きくなるたびにこうした張りは回数が多くなっていくことが予想されます。

 

妊娠中期は安定期と呼ばれる次期で、プレママたちが最ものびのび、妊娠を楽しめる時期ともいわれています。張りがあると胎児への影響があるのでは?と感じる方も多いのですが、疲労や遠出などから張る事も多いので、無理をせずリラックスして過ごしましょう。

スポンサーリンク

 

【胎児への影響があるかもしれない危険な張りの特徴】
妊娠中期は安定期、でもお腹の張りの状態によっては、胎児への影響が考えられる危険なサインという場合もあります。お腹が張ってきたらまず安静にします。横になる、外出しているようなら椅子などに座りじっと安静にしている、これで張りが収まるようなら心配はないでしょう。

 

しかし横になったり椅子に座るなどして安静にしても継続して張っている、また妊娠中期で1時間に3回以上お腹が張っているなどの場合、切迫早産など胎児への影響が強いトラブルが発生している可能性もあります。この場合、すぐに産婦人科に連絡しどのようにするか指示を受けてください。この時、お腹の張りを感じたのは何時くらい?間隔は?痛みはどの程度?出血は?胎動がある?などの質問を受けるので、しっかり答えることができるように、時計を見る癖をつけておくといいでしょう。

 

妊娠は病気じゃない、でも妊娠、出産は奇跡といわれるように大袈裟ですがママたちは自分の命をかけて出産に臨みます。妊娠中期には早産や早期胎盤剥離などママと胎児への影響が強いトラブルを起こす危険性も全くゼロではありません。むやみに怖がる必要はありませんが、胎児への影響があるのかどうか、知識を持つことも重要です。

スポンサーリンク