MENU

妊娠前期のお腹の張り、胎児への影響を考えると不安

スポンサーリンク

妊娠前期はつわりもありますし、妊娠への不安もあり、お腹の張りなどが起ると胎児への影響は?と大きな不安に包まれる方も多いのですが、張りについてしっかり知識を持っておくことで余計な不安を持たずに済みます。

 

【妊娠すると多くの妊婦さんが経験するお腹の張り、胎児への影響は?】
妊娠するとたくさんの妊婦さんがお腹の張りに不安を覚えますし、痛みなどがあるとお腹の中の赤ちゃんが苦しいのでは?と胎児への影響を考えてしまいます。しかしこうしたお腹の張りについては胎児への影響を考える必要のないものがほとんどで、通常、子宮が成長していくことによる張りです。

 

お腹が大きくなる妊娠中期、後期になると張りや痛みなどが起ります。胎児が成長し大きくなることでお腹も子宮も大きくなり、それを支える腱、筋肉などが引っ張られ張りを感じたり、疲労から子宮が収縮し張りが出るということもあります。また妊娠前期であっても張りなどを感じる方は多いです。

 

【お腹の張りが出たらまず横になる】
お腹が張ってきた?と思ったら無理をせず横になって体をゆっくり休めましょう。この時期はつわりがひどい時期でもあるので、人によってはあまり眠れていないなど状態が悪く、お腹が張ると感じる方もいます。横になって1時間してもお腹の張りが無くならない、痛みがあるという場合、病院へ連絡し症状を伝えどのようにすればいいか確認します。

スポンサーリンク

 

【胎児への影響が考えられる妊娠前期の張りと出血】
お腹の張りと共に妊娠前期に出血があるという場合、着床出血という生理的現象が起こる事もあります。この場合、胎児への影響はありませんし、心配されるようなこともありません。しかし、血液の色が赤い、いわゆる鮮血である、また出血量が多いという場合には胎児への影響が深刻な状態も考えられます。

 

例えば子宮外妊娠、これは妊娠という言葉が利用されていても病気の一つですが、子宮に着床しなければならないのに卵管に着床してしまった状態です。大出血、激痛を起こすこともあるのでお腹が急に痛くなった、安静にしても張りがあるという場合、急ぎ病院へ行きましょう。

 

妊娠前期はつわりの時期、その他の症状はあまり起らないと思っていたらお腹の張り、痛みなどが出てきてビックリしたという妊婦さんも少なくありません。妊娠前期は子宮が大きく膨らみ始める時期なので膀胱などが圧迫されて張りを感じたり、痛みを感じる事もあります。また張りが頻繁、回数が多く長く継続するという場合、妊娠前期でも危険なサインの可能性もありますので病院へ連絡しましょう。

スポンサーリンク