MENU

吐き気とお腹が張る症状を解消する方法

スポンサーリンク

お腹が張るのは便秘のせい?と思っていたら吐き気まで出てきて、これは便秘のせいではないのでは?と不安に思う方も少なくありません。お腹が張る、吐き気がある時の解消方法、それにどうしてこのような症状があるのかを理解しましょう。

 

【お腹が張る、吐き気があるのはウイルス性かもしれません】
お腹が張る症状や吐き気があるという時にはウイルス性などの胃腸炎が考えられます。冬に多くなるノロウイルスやロタウイルスなど、ウイルス、菌などによって起こる胃腸炎で、お腹が張ったり、吐き気、下痢、嘔吐などがあります。

 

この場合、ウイルスが体外に出てしまえば症状が回復します。熱が出ることもありますし、幼児や高齢者の場合、重症化する事もありますので医療機関を受診し状態をしっかり見てもらう方が安心です。

 

この他お腹が張るという症状と吐き気がある時、体質によるものもありますし、別の病気という事も考えられます。症状が長く続く場合は大人でも、やはり検査を行い原因を突き止め、症状が解消される方法を探る方がいいでしょう。

スポンサーリンク

 

【吐き気、お腹が張る場合の解消方法とは】
病気もない、ウイルスも関係ないという場合、ガス腹という状態になって苦しい、吐き気を感じるという事もあるようです。ガス腹になる要因は早食いや食物繊維過多状態になっているなどがありますので、解消方法としてはまず食事をゆっくり食べるという事が大切です。

 

また根本的にこうした状態を解消する方法として、食事内容を見直すという事も必要です。日頃から便秘が慢性的になっているという場合、食物繊維をたくさん摂取する事が解消方法とばかりに野菜など大量に食べる方が多いです。しかし野菜の取り過ぎは発酵過剰となりガスが発生しやすくなります。野菜の摂取もバランスよく、過剰摂取とならないようにすることが解消方法の一つです。

 

緊張、ストレスによって自然と空気を飲み込むことでお腹が張るなどを感じる方もいます。これは呑気症という状態ですが、過度な緊張からこの状態になっている方については医療機関で消化管の働きをよくするお薬などを頂くとよくなることも多いです。

スポンサーリンク