MENU

排泄低下型による腸内ガスの苦しみを解消する方法

スポンサーリンク

腸内ガスがたまる原因の一つに、排泄低下型があります。ガスがたまるとお腹が張って苦しいですし、お腹が張る事で食欲不振などの状態にもなりますので、解消方法をみつけたいものですが、まずはどういう状態なのか確認が必要です。

 

【お腹が張る原因、腸内ガスがたまるのはどういう状態?】
腸内ガスがたまる原因として色々な事が考えられます。食事中に空気を飲み込んでしまったり、緊張が続き知らない間に自然と空気をごくっと飲みこんでいる呑気症、ガス腹など、お腹が張る原因がいくつかありますが、この状態は腸内ガス過剰型、腸内ガス排泄型があります。

 

過剰型の場合、早食いや食事の時に会話していることによって食べ物と一緒に空気を過剰に飲み込んでいる方に見られるお腹の張りです。自律神経が乱れていることも多く、呑気症はこの過剰型に当てはまります。この他、炭酸系飲料の飲みすぎ、イモ類などでんぷん質の食べ物の過剰摂取などが考えられます。

 

この場合、解消方法としてはでんぷん質の食べ物をひかえる、炭酸飲料を飲み過ぎない、食事はゆっくり、会話したい時には食べ物が口に入っていない時、こうした注意点を考慮しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

 

【腸内ガス排泄低下型とはどのような状態?その解消方法は】
好き勝手に暴飲暴食して胃腸に疲労がたまっている方も少なくありません。暴飲暴食で胃が荒れている方も多く、この場合は炎症、胃腸内の血流障害など起こしていることが考えられます。こうした状態から胃腸の動きが悪くなると、腸内ガス排出低下型といわれる状態になります。

 

排泄低下型には急性胃炎などがありますが、急性胃炎は吐き気など他の症状も出てきますので解消方法としては医師の指示に従い治療が必要です。排泄低下型でも慢性胃炎の場合、解熱鎮痛剤の多様やストレス性の胃腸炎などになっている可能性もあるので、解消方法としては、市販の解熱鎮痛剤などを慢性的に飲まないようにすることが必要です。

 

胃下垂など内臓下垂が起っている場合も、排泄低下型に含まれます。この場合、体質的な問題もありますので、インナーマッスルを鍛える運動などを行い内臓を支えらえるようにしていくことが解消方法となります。

 

腸内ガスがたまる原因は様々ですが、排泄低下型という事がわかっている場合、排泄低下型の中でどのような事が要因となって腸内ガスがたまっているのか、まずは突き止める事です。その上で排泄低下型を改善する解消方法を考え実行することが必要でしょう。

スポンサーリンク