MENU

お腹張る、生理こない こんな症状の理由とは

スポンサーリンク

生理こないという状態になれば妊娠の疑いがあるという方もいらっしゃると思います。現在は妊娠検査薬がありますので調べてみて何度やってみても陰性という方もいるかもしれません。この場合、生理こない理由というのはいろいろ考えられますし、お腹張るなど別の症状がれば何かほかの理由があるのかもしれません。

 

【生理こない、お腹張るという原因】
生理こない、お腹張るといった症状は女性ホルモンのバランスが崩れているという理由が考えられます。通常生理は、25日から38日の中、一定周期で訪れますが、ホルモンバランスに乱れ、自律神経の乱れなどを顕著に受け止めてしまうため、数日程度早くなったり遅くなったりするという事は誰でも起りうる症状です。そのため、生理こない、遅れているという状態は一般的に「生理開始予定日から1週間以上経過しても来ない場合」を考えるといいでしょう。

 

ストレスがかかりやすい状態にある方は自律神経が乱れてそれが作用し女性ホルモンの分泌が影響をうけますので、ストレスによって生理こないという状況になる方もいます。お腹張るなどの理由については、便秘や呑気症、さらにストレスによって過敏症が理由となって張っていることもありますので、内臓系の病気という事も考えられます。

スポンサーリンク

 

【お腹張る症状のほかに吐き気などがある場合】
妊娠しているという事も考えられる症状なので、心当たりがある方はまず、婦人科など受診し、妊娠の可能性があるかどうか確認します。その可能性が否定出来たら症状によってはお薬の利用が理由になっていることもあります。例えば胃薬や抗鬱剤などを利用されていることが理由となって生理こないという状態になっている可能性もあります。

 

【婦人科系の疾患を否定するためにも病院で検査を】
子宮や卵巣に病気が隠されている場合も、生理こない、お腹張るなどの症状がみられることも多々あります。生理周期が乱れる等顕著な症状がみられることもありますので、この場合、病気の可能性を否定するためにも、医療機関で診察してもらい、何が理由となっているのか、確認する方が安心です。

 

生理が来ないというのは病気の可能性もありますし、妊娠という可能性もあります。妊娠の可能性がないという方も、なぜそのような状態になっているのかを確認する事が大切です。時に病気が隠されていることもありますので、お腹張るなどの症状を医師に説明し、検査などを行ってもらう方がいいでしょう。

スポンサーリンク