MENU

生理がこない状態でお腹が張る時、解消する方法とは

スポンサーリンク

生理がこない時にお腹が張るという状態、時に妊娠?という場合もありますが、妊娠の可能性がない場合、生理前のお腹の張りというのは気になります。何が原因となっているのか知る事、さらに解消方法を理解することが求められます。

 

【生理がこない原因が何か?という事がまず大切なこと】
生理がこないのはなぜか?妊娠の可能性があるという方は、妊娠している可能性を考えて産婦人科、婦人科などでしっかりと検査を行う必要があります。妊娠検査薬で陽性となっても必ず早期段階で病院にかかる方がいいでしょう。

 

生理がこない理由がわからない、妊娠の可能性がないという場合、お腹が張る理由はホルモンバランスなどが原因となっていることが考えられます。生理の前に歯応対ホルモンの分泌が多くなり、水分を排出しにくくなるのでむくみを起こす方が多く、この時、腸もむくんだ状態となるので、その症状をお腹が張ると感じられる方も少なくありません。

 

着床の準備にもはいりますので子宮内膜が厚くなり子宮も共に膨張し、いつ受精卵が着床してもいいように整え始めるため、余計にお腹が張るという症状を感じるのです。腸は応対ホルモンの作用を受けて蠕動運動が低下するので便秘しやすくなるという方も多いですし、老廃物が停滞してしまうため、その結果腸内の腐敗が進みお腹が張る状態となります。

スポンサーリンク

 

【お腹が張るという症状を解消する方法】
お腹が張る、苦しいという時、この症状を解決するためにマッサージを行います。お腹を湯たんぽなどで温めたり、ゆっくりお風呂に使って内臓を温めて、それからゆっくりお腹の上で「の」の字を書くようにやさしくマッサージします。

 

この解消方法のマッサージを行う時には、あおむけ、立膝など、リラックスした状態でお腹の筋肉を緩めて行う事がポイントです。それに加えてストレッチを行い、お腹をひねるなどの運動を行う事も、解消方法の一つです。

 

また女性はスタイル維持のためにウエストを絞ったガードルなど着用されていることが多いのですが、これはお腹が張る原因ともなるので、お腹を締め付ける下着などはやめてなるべく締め付けないようにすることも解消方法の秘訣です。

 

生理がこないとなると非常に不安になりますし、妊娠という可能性がなくても生理がこないという状態は、なんだかもやもやして、早く来るなら来てほしい・・・と思うものです。長く生理がこない期間が継続し、その後予定外でいきなり来られても困ります。お腹の張りの解消方法をみつけるとともに、生理がしっかり定期的に来るように、リラックスする、ストレス解消を心がける等も、解消方法になります。

スポンサーリンク