MENU

食後のお腹の張りの対処方法を知りたい

スポンサーリンク

食後、そんなに食べたつもりがないのにお腹の張りがあり苦しい、こうした悩みをお持ちの方も少なくあません。他に症状がない場合、便秘などを考える方もいますが、ガス腹となっていることもあります。その場合の対処方法を理解しておきましょう。

 

【食後のお腹の張りを何とか解消したい時、その対処方法とは?】
食後、そんなに食べたつもりがないし、いつもと変わらない量なのに最近お腹が張ってどうしようもない、という方は、お腹にガスがたまっている可能性があります。通常の状態でも、お腹にコップ1杯程度のガスがたまっているといわれますが、これは食事の際口から取り込まれた空気や腸内細菌によって食べ物が発酵する事から出てくるガスです。

 

こうしたガスはおなら、呼吸によって体外に排出されていくため、お腹の張りを感じるという事もないのですが、空気をたくさん飲んでしまう可能性のある早食い、会話しながらの食事、食物繊維が過剰で発酵が盛んにおこなわれているなどの理由から、食後、お腹の張りがひどくなるという方もいます。

 

対処方法としては腸内にガスを過剰発生させない状態に持っていくことが求められます。食生活の見直し、食事の仕方を考えることが、対処方法となるのです。

スポンサーリンク

 

【食後のお腹の張り、おならを我慢しないことも対処方法の一つ】
食後、職場に行ってしばらくしておならが出そう・・・と思う時、多くの方我慢してしまいます。恥ずかしい、周りの人に臭い思いをさせたくない・・・とおならを我慢してしまいますが、できれば席を立ってトイレに行くなど、おならを出せるようにしましょう。

 

腸内ガスがたまった状態の方はおならが多くなりますが、これを我慢する事で、より一層お腹の張りがひどくなりますし、それがまたお腹の張りを作る事につながります。便秘が慢性化する事もお腹が張る原因となってしまいますので、便を我慢しないという事もお腹が張る症状に対処する方法となります。

 

腸内ガスがたまる原因は食べ過ぎなどもありますが、便秘、また暴飲暴食も原因となる事があります。胃腸に負担がかかる事で食後に消化不良となり、それが要因となってお腹の張りにつながる事もあります。対処方法としてはリズムよくバランスのいい食事をよく噛んで食べる、日常の食生活を見直すことも大切です。

スポンサーリンク