MENU

食後お腹の張り ゲップが多いこの症状の原因は?

スポンサーリンク

食後にゲップが出る症状、女性ならずとも男性でもマナー的にどうなの?と思わず引っ込めてしまいます。でも何気なく出てしまう事もあり恥ずかしい思いをされる方も少なくありませんが、ゲップが多くお腹の張りも気になる症状は何が原因となっているのでしょうか。

 

【炭酸飲料飲むと出るゲップ、食後にもよく出ます】
炭酸飲料を飲んだ後、また食後などお腹いっぱいになると出やすいのがゲップです。これは病気とか特別な事ではなく、誰にでもある事で症状ではなく生理現象的な事です。ゲップは胃の中にたまっているガス、空気が口腔へ上がってくることで起るものです。

 

胃の中には通常ある程度の空気が溜まっていて、この空気は胃液を攪拌するために用いられたり、消化しやすくする、胃の大きさを保つためにも存在しています。食堂と胃の間には、こうした空気が逆流しないように弁がありますが、空気量が多くなると弁が緩み逆流、それがゲップとなります。

 

【お腹の張りが強く食後ゲップが以前よりも多く痛い?という場合】
これに加えてお腹の張りを感じたり、食後、いつもよりも多く出るという場合、何らかの不具合が考えられます。胸やけ、お腹の張り、それに人によっては吐き気などの症状がある場合、胃酸過多という状態になっている可能性もあります。

スポンサーリンク

 

【胃酸過多とはどのような状態?】
胃酸過多という病名がある訳ではなく、症状を表したものなのですが、食後、お腹の張りを感じる事が多く、吐き気なども伴う事があります。胃酸の分泌が過剰な状態となっていて、胸やけ、胃の不快感などの症状が伴います。つまり、胃酸が多すぎる状態の事です。

 

健康的な方は食べ物を消化するという用事がある時だけ胃酸が分泌しますが、胃酸過多となっている方は食べ物が取り込まれなくても胃酸が出てきてそれによって気持ち悪くなったり、胸やけ状態となるのです。

 

この胃酸過多になる要因としてはストレスがある、カフェインやアルコールの摂取が多い、また香辛料の取りすぎも胃酸分泌を活発に、過剰にさせます。

 

お腹の張り、食後かなりの回数のゲップが出る、その他に食後、吐き気などが伴うなどの場合、胃酸過多となっている可能性もあるので、このような症状が気になるようなら医療機関で検査を受ける方がいいでしょう。お腹の張りについては常に感じる、継続的という場合、別の病気も考えられますので、医療機関に相談しましょう。

スポンサーリンク