MENU

食後お腹が張る症状の原因は病気という事もある?

スポンサーリンク

食後、妙にお腹が鳴るなどの症状がある場合、ストレスなどが原因となる過敏性腸症候群という病気が原因となっている可能性もあります。ほかの病気、また心配のない状態などもありますので、お腹が張る症状のほかに症状がないかよく考えてみましょう

 

【食後にお腹が張るなどの原因には過敏性腸症候群という病気があるかも?】
食後にお腹が張るという症状がある場合、ガス腹などが原因となる事もありますし、これに下痢や便秘などを繰り返すという時、過敏性腸症候群という病気の可能性もあります。この疾患は特に腸に問題があるという事ではなく、何も異常がないのに便利や下痢を繰り返します。

 

ガス腹の場合、お腹が張る、便秘の症状があっても下痢と便秘を交互に繰り返すという事はあまりありません。過敏性腸症候群の場合、食後、腸の機能が過敏になっていることで刺激を直接受けて下痢、便秘などの症状、さらにお腹が張るという症状を引き起こすといわれます。

スポンサーリンク

 

【ストレスが原因で起ることもある疾患】
職場、また私生活でストレスを感じる事が多いという方は過敏性腸症候群となる事が多いです。というのも、過敏性腸症候群の症状はストレスを受けたことから自律神経のバランスが乱れ、その影響を受けて腸の運動が激しくなったり、弱くなったりします。

 

ストレスのほかにも精神的に不安を抱えている時、また緊張状態が継続している時、さらに肉体的に疲労している場合などもこの病気になる可能性があります。この他にも、この病気の要因としては、冷たいものの過剰摂取、カフェインが多い食品の取り過ぎなどが考えられます。

 

食後、お腹が張るなどの症状がある場合、この病気を疑い、ストレスを緩和させるなど解消する方法を考える方がいいでしょう。

 

お腹が張るという原因は特に食後によくある事ですし、お腹いっぱい食べ過ぎたという時でも、食後、苦しい位にお腹が張る事もあります。ただ食後のお腹の張りと共に、下痢や便秘を繰り返しているという場合には、ただのガス腹ではなく過敏性腸症候群などが原因となってお腹が張っていることもあります。

スポンサーリンク