MENU

お腹の張りと食欲不振の症状は何が原因?

スポンサーリンク

お腹の張りが強く最近は食欲不振状態が継続しているなどの症状をお持ちの方は、何が原因でこのような状態になっているのかを理解する必要があります。便秘体質の方で一時的に食欲が落ちているという場合もありますが、病気という事もありますので、医療機関で検査等受けましょう。

 

【食事時なのにお腹の張りで食欲不振という症状がある場合】
食事の時間はいつも楽しみにしていたのに、どうも最近お腹の張りが気になって食欲不振状態になっているという方も少なくありません。この場合、病気が原因でお腹が張り、食欲不振となっている場合と、消化不十分のためにお腹が張るという症状や食欲が出ない状態になっている可能性もあるのです。

 

病気ではなく便秘によってガスが発生し、それが原因で食欲不振となっている、お腹に梁があるという事もあります。この場合、おならの匂いがかなり強くお腹の中でかなり発酵が進んでいるということが自分でも理解できます。また内臓脂肪が多い状態になると、内臓が圧迫されるのでお腹が張ったり、食欲不振という症状が出てくることもあります。

スポンサーリンク

 

【お腹の張りと食欲不振は病気によるものもある】
病気が原因でお腹が張る、食欲がないという状態を作り出していることもあります。胃炎やイレウスなど様々な要因があり、その原因によって治療にも違いが出てきます。こうしたお腹が張るという症状の代表的な疾患として胃炎があります。慢性でも急性でもお腹が張るという症状がありますし、食欲がない、ゲップが出る等の症状も出てきます。

 

イレウスは腸閉塞という病気で何らかの原因から腸がねじれ炎症を起こしたり、蠕動運動が正常に行われなくなります。お腹の張りと共に吐気、腹痛、嘔吐など出てくるため、この場合、急ぎ病院へ行きます。この他に、大腸がんの場合、その前駆症状にお腹の張りを感じる方が多いです。

 

お腹の張りや食欲不振があると何となく気が重くなります。重篤な症状ではありませんし、鼻水やのどの痛みなど、集中力を途切れさせるような状態でもありませんが、常に頭の中ではお腹が張り、食欲がないことの不安があります。こうした原因は検査を受けることでわかりますので、医療機関で今の自分の胃腸状態を確認する事が精神的にも安定を促すことになるでしょう。

スポンサーリンク