MENU

お腹のガスは体重にも影響する?どうしてガスがたまるの?

スポンサーリンク

お腹のガスが多くなるとお腹が張り苦しいなどの症状が出てきます。暴飲暴食によってお腹のガスが多くなり、それによってお腹が張り苦しいという事もありますし、何か病気でお腹にガスがたまる、便秘でガスがたまるなども考えられます。このお腹の張り、ガスの問題ですが、痛みなどの症状にとどまらず体重増加についても影響を与えるものなのです。

 

【ガスに重さがあるの?どうしてお腹のガスで体重が増えるのか】
お腹のガスが増加しているらしく、オナラも多くなったしお腹も張っていて苦しいと感じる、しかしどうしてこの状態で体重が増加するのか?これに疑問を感じている方も少なくないでしょう。しかしこのお腹のガスト体重は深い関係にあり、影響し合うものなのです。

 

こうした状態の方はエネルギーを過剰摂取していることで、お腹にガスがたまる状態になっていて太っていくという現象が起っていると考えられます。エネルギーを過剰摂取されている方の摂取栄養素を考えてみると、糖質、脂質が多いと考えられます。ジャンクフード、コンビニのお弁当、夜中の焼き肉やラーメン、こうしたメニューには糖質、脂質が非常に多く、これらの栄養素はガスを多くする要素を持っています。

 

暴飲暴食が癖になっていてしかも糖質の過剰摂取が考えられる方は、腸内にガスが多くなりますし、当然、栄養素の過剰摂取状態なので体重にも影響するのです。

スポンサーリンク

 

【野菜などの過剰摂取からお腹が張りお腹のガスが多くなっていることも】
便秘がちな人は野菜をとにかくたくさん食べればいいと考えている方が多いのですが、食物繊維を過剰摂取すると、消化しきれずそれが腸内にたまり便秘をひどくしたり、お腹のガスの原因となる事もあります。

 

食物繊維の摂取が多い方は、共にオリゴ糖を摂取したり、ヨーグルトなどを摂取し、腸内の善玉菌が増加するようにしなければなりません。悪玉菌が増加すると常在菌の日和見菌まで悪玉化し、腸内環境が乱れガスの増加につながりますし、代謝が低くなりますのでこれも体重に影響します。

 

バランスのいい食事と適度な運動によって、腸の蠕動運動が正常に働くようにしていくことで、お腹のガスも少なくなりますし、体重にも影響が少なくなるでしょう。

 

おならが多くなったし、なぜか体重も増加しているとなるとガスによって増えている?と感じる方も多いのですが、ガスが多く作られる背景に体重増加への影響があるという事で、影響があるという事を理解する事で、バランスのいい食事を考えることができます。暴飲暴食、糖質や脂質の過剰摂取を辞めることでこの因果関係も遮断できるでしょう。

スポンサーリンク