MENU

生理痛や生理時の腹痛を和らげるツボがあります

スポンサーリンク

生理痛や生理の際の腹痛は、特定の場所を刺激することで改善することがあります。
体にはこういった症状を和らげるツボが点在しており、痛みがあるときには軽く刺激を加えてみるのも一つの方法なのです。
ツボへの刺激は東洋医学では婦人病の改善に広く行われている施術です。
この場合に多く用いられるツボとしては脛の内側部分が挙げられます。
くるぶしの上方にあるこの部分は、生理痛を始めとする婦人科疾患の治療では頻繁に用いられている所です。
刺激を行う場合には、適度な力加減でゆっくりと押していきます。
また、膝の内側にある部分も刺激を加えることで生理痛を緩和出来る可能性があります。
膝頭から数センチの所にあるこの部分は、全身の血流や気の流れに大きく関係しているため、刺激することで体を温め、心身を整えるのです。
このような刺激は、穏やかな力で行うことがポイントです。
呼吸のリズムに合わせてゆっくりと刺激を加えるだけで十分な効果があります。

スポンサーリンク

よりお腹に近い部分を刺激してみることも、腹痛などを改善するためには役立ちます。
丁度臍の裏側に位置する背骨の両側部分やお尻の上方にある少し窪んだ部分は、生理痛や腰痛の改善に効果が期待出来る場所です。
この部分をを左右対称に押していくことで、効果的なツボ刺激が可能になるのです。
また、臍の数センチ真下にある部分は、腸の調子を整える効果があり腹痛の改善にも役立ちます。
生理痛や生理時の腹痛が重いという方の場合には、日頃から下半身が冷えている可能性があります。
水分やリンパの流れが滞っていることも考えられるのです。
従って、リンパマッサージなどを通じて日常的に体の詰まりを改善しておくことが一つの方法となります。
生理時の腹痛の場合には、実際便秘などがかなりの確率で関わっています。
便がたまっていると生理時に分泌される痛み物質の作用によって、腸が刺激され一気に便意が強くなることがあるのです。
生理前からの対策で、このような事態はある程度避けることが出来ます。

スポンサーリンク