MENU

ランニング時に起こる腹痛の原因と予防法

スポンサーリンク

ランニングをしている時に起こる腹痛は、その痛みが発生している箇所によって原因が変わります。
右脇腹の痛みを覚える人が特に多く、走り始めで痛む人もいれば、スピードを上げ始めると痛むという人もいます。
この箇所には肝臓や横隔膜があり、走っている最中に肝臓が大きく揺れることで横隔膜が引っ張られ、痛みが発生します。
逆の左脇腹に痛みを感じる場合は、急な運動によって脾臓が就職し、器官に貯めていた血液を一気に全身に送り出すために痛みが生じます。
大腸から痛みが発生することもあり、左脇腹に位置する大腸のヘアピンカーブのような部分にたまったガスや便が原因となっています。上腹部中央で痛みが発生する場合は、その殆どが胃に関する痛みとなります。
急な運動で強く震盪されたり、腹圧がかかったりすることで血液の循環が悪くなり、胃袋が痛みを訴えるのです。
下腹部が痛む場合は大腸のトラブルが原因となっていることが殆どで、便秘や下痢などの時に特に痛みを感じるようになります。

スポンサーリンク

これらの腹痛の対処法は、すぐにランニングをやめ体を休めることが第一となります。
体内に溜まったガスが痛みの原因になっている場合もあるので、脇腹が痛む際は痛む側の手を大きく上げ、そのまま反対側に軽く体を反らすことで症状が軽くなります。
これはガスの塊を分散させるための動作で、一時的に症状を和らげるには充分な効果があります。
他にも、運動を止めて深呼吸を繰り返すことで痛みが解消されることもあります。
これは腹部へ送られる酸素の量を増やすことで、腹部の酸素不足を解消することができるためです。
ランニング時の腹痛は、普段の生活を見直すことで予防することができます。
まず、ランニング前の食事は控えるようにして、普段から消化のよいものを中心とし、食事の際はよく咀嚼する習慣を身につけましょう。
これにより胃腸の負担を軽減することができ、腹痛の発生を抑えることができます。
また、腸内ガスの発生しやすい、炭酸飲料などの大量摂取は控え、便秘予防のために果物や野菜の摂取を心がけましょう。
これら食生活の見直しだけでも、充分な予防効果があります。

スポンサーリンク