MENU

幼児の腹痛の原因がストレスの場合のサポート

スポンサーリンク

幼児の腹痛の主な原因には、便秘・急性胃腸炎・風邪によるものが一般的ですが、中には心因性腹痛とよばれる種類の症状に陥るケースも少なくなく、この場合、ストレスが大きく関与しています。
幼児にとって長期間繰り返してお腹の痛みを訴える場合、慢性反復性腹痛とよばれる病気として診断されるのですが、安静にしていたり排便することによって痛みが数時間で緩和されるのが特徴であり、この痛みも保育園へ登園する前などに多く見られるため、心因性が原因と言われています。
しかしながら、稀に腹性てんかんや他の病気が潜んでいる場合もあるため、異常がなくとも医師に相談することは必要とされています。
また、幼児が頻繁に腹痛を訴える場合には腹部片頭痛も疑われ、この予防法あるいは対策としては何よりもストレスを取り除くことで、いつ頃、どんなタイミングで痛みを訴えるようになったのか記録や記憶を紐付き、また子供に素直に聞くことも親の役割です。
予防や治療に関して、親が早く子供のストレスに気付いてあげることにあり、行動や言動にしっかり表している場合がほとんどです。

スポンサーリンク

幼児においても心身のストレスは溜まっていくものであり、心因性の腹痛の代表的な症状としては、お腹の痛みを度々訴える・登園の前に必ず痛みが起こる・休日や就寝時などには症状として訴えてこない・しばし安静にしておくと治っているなどを挙げることができます。
大人以上に抱え込んでしまう幼児ストレスは、嫌なこと・不安・緊張などを感じることで自律神経のバランスが崩れ、刺激物質が反応して胃腸が敏感に反応されてお腹の痛みに繋がります。
心因性の場合には解消するためには子供の内側の原因を探ることが解決への近道とも言え、また、大人同様に解消させることも必要となります。
リラックスできる環境や香り、楽しめる遊びや美味しい食事など、家庭で行える解決方法は沢山あり、環境の良い場所を求めることも1つの手でもあります。
まずは、医師の診察を受け、専門家の意見やアドバイスを受けながら地道にサポートすることも自分の意見を上手く伝えきれない子供にできる親のサポートです。

スポンサーリンク