MENU

腹痛の原因を場所でチェック

スポンサーリンク

急にお腹が痛くなるなどといった経験をしたことのある人は多いです。
すぐに治ってしまうものもあればしばらく続いたり、病気が隠れていたりと様々です。
ただ単にお腹が痛いと言っても、お腹には沢山の内蔵が存在していますし簡単に原因を突き止めるのは医者でも難しいものです。
ましてや関連痛と言って、痛みの発生源とは別の場所で痛むということもあります。
しかし、ただ単にお腹が痛いではなく、お腹のどの部分が痛いのかが分かればその原因の部分に近づきやすくなりますし、さらにそこがどのように痛いのかまで含めればその制度はかなり高くなります。
基本的に、腹痛が発生した場合はほとんどが内臓痛と呼ばれるものです。
これはその名の通り内蔵が何らかの原因になっていて痛みを発生させている場合になります。
これらをある程度自分でチェックすることが出来れば対処が可能な場合もありますし、医師の診断が早くなることもあるので覚えおくと便利になります。

スポンサーリンク

腹痛の原因を場所でチェックする方法ですが、
まずは「みぞおち辺り」に痛みを感じている場合です。
心窩部と呼ばれる部分で、胃、十二指腸、胆嚢などの疾患の可能性が高いですが、心臓も近く心筋梗塞などでもここの痛みを感じる人がいます。

 

次に、右の上の方が痛む場合です。
ここは、沈黙の臓器とも呼ばれる肝臓や胆嚢、十二指腸などがあります。
胆石や胆嚢炎、十二指腸潰瘍、尿管結石などの他、肝炎などでここに痛みを感じます。

 

逆の左上の方ですが、ここも胃や膵臓などの病気の可能性があります。

 

おへその辺りが痛むという場合は、胃の出口辺りや十二指腸だけでなく小腸や大腸も近くなります。
胃潰瘍、胃炎の他に、腸閉塞や腹部大動脈瘤などを生じている可能性もあります。

 

脇腹の方が痛む場合は、大腸、小腸、腎臓などになり左の方の場合は虚血性腸炎、腎盂腎炎の可能性もあります。

 

下っ腹の方が痛む場合は、大腸、小腸に尿管、膀胱なども加わります。
もちろんこれだけではなく様々な病気の可能性がありますし、女性の場合は子宮や卵巣なども関わってきますので注意です。

スポンサーリンク