MENU

腹痛や下痢をともなう蕁麻疹

スポンサーリンク

はっきりとした原因が分かりにくい蕁麻疹ですが、その症状は皮膚が赤くぽつぽつと腫れ上がり、激しいかゆみや痛みを伴います。
もっとも一週間から一か月程度で完治することが一般的で、原因が分かっているならばその原因となっているものを取り除いたり、規則正しい生活をおくることで免疫力を高めるようにすれば、改善だけでなく予防にもつながります。
原因が分かっていない場合は、医療機関などで原因を突き止めるべく検査を受けると良いでしょう。
そんな蕁麻疹ですが、その原因や種類はさまざまで、通常のものは最悪放置していても自然治癒するのですが、中にはそうでないケースもあります。
薬剤や温度の差、光や金属、動物や食材などのアレルギー、ストレスや疲労などで発症すると言われていますが、短期で完治する普通のものと異なり、長期間発症し続ける慢性のタイプもあります。
こちらは放置せず、医療機関を受診して、医者からの適切な治療と処置を受けることをお勧めします。
また目に見えない範囲でも発症することもあるので、そちらは危険性も高いと言えます。

スポンサーリンク

蕁麻疹の中でも、とくに気をつけたいのが咽頭浮腫と呼ばれている気管の入り口が腫れるものです。
これは呼吸困難に陥ったり、喘息になることもあるので危険です。
また腹痛や下痢、嘔吐を伴う場合も危険です。
これは目に見える範囲である皮膚だけなく、内部の粘膜にも蕁麻疹が発症しているために起こる症状です。
このケースでは脱水症状やショック状態に陥る危険性があるので、最悪命にもかかわってくるために、必ず医療機関を受診しましょう。
ちなみに血中内の抗体値で判断が可能なため、血液検査を実施して判断することが多いようです。
このように危険なものもありますので、たかが蕁麻疹と侮らずに、症状がひどかったり、いつもと何か違うと感じた場合は、速やかに医療機関を受診してください。
もちろん通常のものでも、症状がある限りつらいですし、日常生活にも支障をきたす場合もあります。
そういった場合でも、完全に完治させるためには自己判断をせず、やはり医療機関を受診した方が無難です。

スポンサーリンク