MENU

子供の腹痛、下痢などは、まず薬を飲ませるなどの応急処置をする

スポンサーリンク

子供の腹痛の原因は様々なものがあります。
例えば、冷たいもの食べすぎや病気からのもの、薬の副作用など様々なことからお子様の状態がおかしくなります。
また、下痢をおこりたりする症状も出てお子様にはかなり苦しいといえる状態になるのです。
そんな場合、まずお腹を温めるという基本的なことから行います。
またトイレで便を出すと緩和する場合もあるので、これらの行動を取る方が多くいます。
それでもダメな場合は、病院へ行くという形になります。
病院へ行ったら、ビオフェルミンなどの整腸剤を出されます。
これで大半の腹痛は完治します。
では、お子様のお腹はなぜそんな緩くなりやすいのか又、痛くなるのかといいますと大人と違ってまだ腸への抵抗感が無いということと腸が短いということです。
女性より男性の方がお腹が緩くなりやすいのはこの腸の長さからであります。
男性は下痢になりやすく、女性の場合は、腸が長い為に便秘になりやすいのが特徴であります。

スポンサーリンク

お子様の場合は、その腸が短い為に何らかの理由からすぐにお腹が痛くなってしまうわけであるのです。
では、そんなお子様が腹痛になった場合の応急処置方法を説明します。
まずは基本的であるトイレへ行くことから始めます。
その後お腹を温めることです。
それでもダメな場合は、市販の整腸剤があれば必要摂取料を与えること、また乳児の場合は、小児科へ行くということであります。
しかし大半の腹痛は夜になりやすい為に病院も開いていない状態です。
そんな場合は、様子を見て便秘が原因である場合は、市販の浣腸などで出す方法、また市販の薬を少量飲ませるという応急方法があります。
それでも激痛があるのならば、救急病院へ行くしかないのです。
このように子供の腹痛は大人では大丈夫と思っていてもお子様には大変な状態なわけであります。
まずは何が原因であるかを調べて応急処置、原因がわからない場合は、病院へ行くということを行う事が大切であるのです。

スポンサーリンク