MENU

緊張からくる腹痛の治し方

スポンサーリンク

緊張によって引き起こされる腹痛の原因は、緊張やストレスが脳に伝わることで分泌される、セロトニンという物質にあります。
このセロトニンが過剰に分泌されると、腸や胃に異常が起こり腹痛が引き起こされてしまうのです。
人によってはその腹痛によるストレスで、更にセロトニンを分泌するという悪循環に陥ってしまうこともあり、長時間の腹痛に繋がるケースも少なくありません。
その場合は適度にリラックスできるよう環境を整え、深呼吸を繰り返したり、可能であれば横になったりして緊張状態を解いてあげるよう努めて下さい。
この症状が頻繁に起こる場合や、長期間続く場合などは、過敏性腸症候群の可能性もあるので、専門医への相談が必要となります。
昨今ではこのセロトニンに着目した治療薬が増えており、病院にて処方してくれる場合もあります。
薬での治療に抵抗がある人には、漢方薬を処方してくれる医師もいるので、診療の際に相談してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

基本的な治し方は、原因となっている緊張を取り除いてあげることになります。
適度にリラックス状態を保つことができるよう、食生活の改善や適度な運動などをおこなって下さい。
バランスの良い食事を1日3食決まった時間に食べるようにして、冷たい飲み物や香辛料、油分の多いものは控えるよう意識して下さい。
特に暴飲暴食やアルコールの大量摂取は避けて下さい。
また、緊張が深くなる前に深呼吸を繰り返して心を落ち着け、心身ともにリラックスできるよう努めて下さい。
毎日浴槽につかりリラックスタイムを設けたり、ウォーキングなどの適度な運動をおこなうことでも、症状の緩和が可能となっています。
より効率よくリラックス効果を得るには、10分〜15分の仮眠を設けたり、ホットミルクなどの飲むなどして、心だけではなく体のリラックスにも気を使うと良いでしょう。
ストレスの解消法は人によって様々です。
自分に合ったストレス解消法や、予防法を見つけ、常日頃から実施するよう努めて下さい。

スポンサーリンク