MENU

排卵日には腹痛や下痢が起こることがあります

スポンサーリンク

排卵日には、人によって腹痛や下痢の症状が現れることがあります。
こういった症状は、排卵のプロセスによって生じてくる訳です。
卵巣で育った卵胞から卵子が排出されると、卵胞の壁が破られることによって痛みや出血を認めることがあります。
排卵日にはこういった変化が体内で起こっているため、腹痛や下痢などの症状が現れてくることがあるのです。
排卵日に生じる腹痛は、生理痛に比べて重いこともあります。
腰の周りにだるさを感じるケースも多く、人によっては寝込まなくてはならない程の不調を抱えることもあるのです。
排卵日は、生理が終わってから約2週間後が一般的とされているため、この時期には、極力リラックスして過ごすことが必要になります。
排卵が起こることで、ホルモンのバランスが大きく変化する時期でもあり、一つの体調の節目として大事に過ごすことが不快症状改善のポイントとなる訳です。
場合によっては、産婦人科を受診してみるのも一案です。

スポンサーリンク

排卵日に起こる腹痛や下痢の場合には、鎮痛薬での改善が中々難しいこともあります。
そういった場合には、一度専門医の診察を受けておくと適切なアドバイスが受けられるのです。
この時期の不快症状は、当然のことながら排卵が起こっていることで生じています。
従って、一時的に排卵をストップさせれば症状は起こらなくなる訳です。
最近では、生理痛を改善する低容量ピルなどが広く使用されるようになっています。
このような薬を利用すれば、排卵時の腹痛や下痢を予防出来ると考えられます。
低容量ピルは、適切な使い方をすればメリットの大きい薬です。
妊娠の予定がない場合には、このような薬を使用して一時的に排卵をストップさせるという方法も一つの選択肢となります。
薬の服用をやめれば通常通りの排卵が再開されるため、後の妊娠や出産にも影響はないと考えられているのです。
毎月の不快症状にストレスを感じている方の場合には、このような対策を試してみるのも一つの解決策になります。

スポンサーリンク