MENU

女性の腹痛の原因はガスで出し方が大切

スポンサーリンク

腹痛にも様々な種類があり、食事・運動・ストレス・緊張などが原因である場合や、病気から腹痛を引き起こす場合も挙げられます。
しかし、女性の腹痛の原因として挙げられているのがガス溜まりによる痛みで、お腹に溜まる原因とされるのが、パンツなどの締め付け感のある衣服でお腹を圧迫していることや、オナラを我慢することで次第にガスが出にくい状態を作り出してしまいます。
また最大の原因と言われるのが腸のぜん動運動にあり、女性の場合には腹筋が弱いためにぜん動運動も機能しにくく、お腹がボコボコと膨らみ、圧迫されて腹痛として痛みを誘発してしまいます。
この溜まりは食事や飲み物など、空気も一緒に飲み込んでしまうことでも発生するため、日頃から溜まった物は出すことが大切です。
出し方も痛みを和らげることのできる内服薬が最も手軽なケア方法であり、潰して排出させる働きを行ってくれる消泡剤であるジメチルポ リシロキサン成分が力を発揮してくれます。

スポンサーリンク

消泡剤のジメチルポリシロキサンには、ガス形成の膜を薄くしてくれる魅力があり、潰れやすくなることで腸で吸収されたり外に排出されます。
優しく作用するために腹痛を解消させる手段として女性から支持されています。
また出し方として薬に頼らず、日頃から行えるのがマッサージや刺激による出し方です。
刺激を例に挙げた場合、まずうつぶせになり、枕またはクッションを膝の下に敷き、膝下を曲げて踵でお尻を叩くイメージで足を動かします。
約5分程度続けることにより、お尻から刺激を受けた腸が活発に動きだし、オナラを出したくなる行為に繋げることができます。
またマッサージにおいては仰向けになり、おへそを中心にのの字を描くようにお腹をマッサージします。
このことにより、腸内で発生して行き場をなくしていた溜まったガスも排出され、他の臓器を圧迫してしまうことから起こっていた痛みも解消できます。
何よりも大事なことは、オナラやゲップなどを我慢しないことも女性には挙げることができます。

スポンサーリンク