MENU

下痢の原因はなんなのか?

スポンサーリンク

腹痛というのは短なものですが、煩わしいものですよね。
自分では意識をしていないので、今日に腹痛をお越したりと、特に大事な場面で腹痛を起こすこともあり出来ることなら治したいと感じている方も多くいらっしゃると思います。
日頃からちょっとしたことから下痢を繰り返している、お腹が冷えたり、食後にすぐトイレに行きたくなる。
このような症状を抱えて悩んでいる方もいると思います。
今回は下痢についての原因について解説をしたいと思います。
下痢というのも原因がいくつか存在します。
腸の動きが原因のものや、水分が体に吸収されていない、また水分がの摂取量が多いと大きく分けるとこのように原因があります。
腸の動きによるものとしては、腸の動きが早いことで、腸が弁に含まれる水分を吸収仕切れていないと言うことがあります。
そのため下痢になると言うことがあります。
また腸の元気が無い場合にもこのような症状になります。
腸と言うのは沢山の水分が通る場所です。

スポンサーリンク

胃酸、水分、胆汁etc…数量で言ったら9Lもの水分が腸の中を通過します。
そのため、腸の動きが悪い場合と、腸の動きが早い場合には水分を十分に吸収しきれないといったことになります。
慢性的に下痢が続いている方というのは、特に大腸が弱っていると言うことがあります。
大腸というのは、水分の吸収を行なっている部分です。
そのため大腸にストレスによる刺激や、体調を崩すと行ったことがあると、下痢になります。
ストレスを感じている人は特に慢性的に下痢になるタイプの方が多いです。
下痢が比較的さほどないが、ちょっとしたことで下痢になる方は、小腸に問題があるかのうせいがあります。
小腸は、食べ物の水分を吸収する役割をもっているので、小腸が弱っている時はこのような症状が起こります。
そのため、体質を改善して常に腸が元気でいられる状況を付くことが大事です。
大腸、小腸のどちらかが弱っている場合は片方が、補うために頑張ります。
そうすると、両方の腸が疲れてしまうと言うことがあるので、精神的、肉体的に健康的になる努力をすると、お腹の調子が良くなります。

スポンサーリンク