MENU

逆流性胃腸炎と頭痛の関係とは?

スポンサーリンク

腹痛と言えば体に起こる症状でも特におおいものですよね。
人間生きていて腹痛になったことがないという人は居ないと言い切れるくらい人間には切っても切れない症状です。
また、腹痛で多いのが、逆流性胃腸炎と頭痛が併発すると言うことが多くあります。
今回は逆流性胃腸炎と頭痛に関して説明をしたいと思います。
まず、逆流性胃腸炎というのはどうゆう病気なのでしょうか?
逆流性胃腸炎というのは、文字通りの症状になるのですが、胃酸胆汁と言った酸性の強い液体が食道に流れ込むことです。

スポンサーリンク

また症状がひどい場合には、酸自体が喉まで戻ることがあります。
そのため、胃や食道を傷つけると言うことがあります。
また炎症を慢性的に起こすことがあり、ガンの原因としても考えられています。
なぜこの酸が喉まで逆流を起こすのかと言うことについてですが、通常の人間の体というと、胃や腸、食道に酸が逆流しないように弁が付いています。
しかし、この逆流性胃腸炎になることで、この弁が緩んだり、完全に閉じきらないと言うことで酸がのどまで上がってきます。
この原因というがストレスです。
ストレスというのはおそろしいもので体のあらゆる部分に悪影響を与えます。
そのため、ストレスにより胃酸が多く出るなどの症状や、逆流性胃腸炎になるといった事に発展していきます。
では頭痛の件になりますが、逆流性胃腸炎になると頭痛が起こるのはこれもストレスが原因になります。
この頭痛も様々な原因によりおこるのですが、過度なストレスにさらされることで、偏頭痛をお越したり、自律神経に異常を起こすといった事が起こります。
そのため、逆流性胃腸炎と頭痛というのはストレスを通して同時に起こるといったことがあります。
これらを治療するには、クスリというよりもストレスを溜めない、またストレスの原因を断ち切るといった事が大事になります

スポンサーリンク