MENU

おへそ腹痛の病名は?

スポンサーリンク

腹痛によるトラブルというのは日々、起こりえることなのですが重要なのは原因になります。
今回は、「おへそ」に関する腹痛について説明をしたいともいます。
おへそやおへそ周りで考えられる腹痛に関しての病気というのは、実は様々あります。
「尿膜管遺残症、腸閉塞、急性虫垂炎、大腸炎腸炎、過敏性腸症候群」と聞き慣れない病名もあるかと思いますが、説明をしていきたいと思います。
まず、はじめに
「尿膜管遺残症」

こちらはへそ周辺に激しい痛みがおこることがあり、そのほかに、おへそから悪臭が漂ったり、膿が出てくるということがあります。
腹痛意外ですと、発熱がおこることがあります。
原因としては、膀胱というのは、おへそとつながっているのですが、こちらを「尿膜管」と言います。
本来は、生まれてからだんだんとその管が閉じて行くのですが、なかには閉じていなかったり、炎症によってこの管が開くことがあります。これにより、おへそから悪臭や膿みといった物が出てきます。

スポンサーリンク

「腸閉塞」

こちらは、強い腹痛や嘔吐などが置き、腹が張っているような状態になります。
この原因としては、食べた物や、消化液が腸内に滞ってしまうことで起こります。
また、以前に手術でお腹を開いたという方ですと、癒着により発症することがあります。
こちらは、癌や便秘の原因になります。
この病気は、原因によって治療法がことなります。

「急性虫垂炎(盲腸)」

盲腸はおへその部分やみぞおちあたりに痛みが起こります。
そして、その後に右の腹部に痛みが起こるようになります。
また、吐き気や発熱がおこることがあります。

「大腸炎腸炎」

こちらはおへその周りに意味が起こるのですが、鈍痛でお腹が鳴るといった症状が特等です。
お腹が張った状態で特に下部におこることが多いです。
また、便がゆるいと言うことや頻繁にトイレに入ると言うことがあります。
細菌や、ウイルスといった感染症が原因の事が多いです。

「過敏性腸症候群」

慢性的に、下痢、便秘を交互に繰り返すという症状が特徴です。
これは、社会人に多く見られる病気でもあるのですが、ストレスを感じることで発症します。
そのため、原因のストレスを解消することで比例して症状も改善していきます。

スポンサーリンク